10月21日 大蔵流茂山家 お豆腐狂言~ヨコスカ・コレクション

10月21日(日)
横須賀芸術劇場 14時開演 四階にて

第一部
狂言「寝音曲」
七五三、あきら
新作狂言「狐狗狸噺」
逸平、宗彦、茂、童司
第二部
座・狂言「無布施経」
千之丞
新作狂言「空桶」
千五郎、七五三、あきら、童司
室町歌謡組曲
千之丞、茂、宗彦、逸平、童司

久しぶりの茂山狂言です。
横須賀まで足を運びました。
普段は3演目ぐらいの上演なのでボリュームあります。
バラエティに富んで、狂言の可能性や進化も伺えた感じです。

「寝音曲」
主人が太郎冠者の謡を聞き、太郎に所望するが、ここぞばかりに
わがままばかり言う太郎。
あきらさんの太郎の声が良く、この劇場はクラシック系なので
声が響きます。七五三さんのおおらかな主人で。

「狐狗狸噺」
リストラされた太郎冠者が野犬、狸、狐に惑わされる。
京極夏彦さんの作の狂言。
前回は、あきらさんの野犬、丸石さんの狸だったが、
今回は、童司さんの野犬に宗彦さんの狸で若手中心。
愛嬌ある逸平さんの太郎冠者、かわいらしい茂さんの
女(実は狐)、テンポいい童司さんの野犬、出家に
化けて金を取るおかしさやどこか愛くるしい宗彦さんと
新鮮な気持ちで見れました。

「座・狂言 無布施経」
僧が檀家にお経を上げるが、檀家がお布施を渡すを忘れ、
あの手この手でお布施をもらおうとする。
千之丞さんが落語のように一人で演じる。
「座」とあるように舞台も落語の高座である。
僧と檀家を演じ分け、ホント謡いか落語か講談を聞いている
ようでした。
失礼ながら、千之丞さんも高齢で体が動かなくなってきて
苦肉の策か、このような発想をされたのかと思ったり…
狂言も落語と同じようにオチがあるのもあるので、狂言の
可能性や進化を見た感じました。

「空桶(からおけ)」
歌好きの男が自宅では奥さんに怒られるので、カラオケ屋へ
歌い行く。カラオケ屋の女主人と意気投合し歌うが、そこへ
奥さんがやってきて…落語作家の小佐田定雄さんの作。
「お米とお豆腐」という落語家とのコラボで生まれた狂言とか。
千五郎さんの男がジュリーを歌い、七五三さんの女主人が
♪つぐないで迎える。♪氷雨や♪男と女のラブゲームなど
室町言葉満載で千五郎さんと七五三さんが歌う。
カラオケとは空の桶に歌の魂が入っていて、選曲すると、
歌える。舞台背景にOHPみたいな画面が出て歌詞が出る。
千五郎さんと七五三さんがそれを見ながら歌う。また
ミラーボールが回る。
あきらさんの奥さんが絡み、あきらさんは♪帰って来いよを、
対する七五三さんの女主人が♪帰ろかなで対抗するが…
幕切れ、千五郎さんが♪連れて行ってよ~って♪矢切の渡しの
替え歌で締める。
千五郎さん、七五三さん、あきらさんがとにかく台詞のごとく
歌いまくる。後見の童司さんが拍子やイントロを口で奏でたり
楽しい。呆気に取られる驚きの狂言であった。
「お米とお豆腐」…次回絶対見に行くぞ!!

室町歌謡組曲
千之丞さん、茂さん、宗彦さん、逸平さん、童司さんで。
「七つになる子」など小舞を含め、謡いのオンパレード。

客席と「二人大名」に出てくる♪起き上がり小法師を謡う。

ハア 京に京に流行る
起き上がり小法師やよ
殿だ見れば
つい転ぶ つい転ぶ
合点か 合点じゃ
合点 合点 合点じゃ

茂さんの指導、千之丞さんの拍子で謡いました。
茂さん、宗彦さん、逸平さん、童司さんが転がります。

謡い版の「上を向いて歩こう」で締め、
いつもの「俵をたたいて面々に~」で幕でした。

第一部及び第二部開演時、宗彦さんと童司さん(一部)、
逸平さんと童司さん(二部)で解説がありました。
童司さんは英語解説だったそうですが、いきなりだったようで
うまく英訳できず…漫才のような解説で笑えました。

昨年の学校狂言以来の茂山狂言で楽しみました。
またはまりそうです…汗


劇場最寄り駅に着くと潮の香りがしたので、
それに誘われて?海が見える近くの公園でゆっくりしました。

画像

基地の街…防衛艦や潜水艦が着港しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック