6月18日 ドラマ「無理な恋愛」最終回

フジテレビ系で放映していた「無理な恋愛」が昨夜最終回を迎えた。
http://www.ktv.co.jp/muri/

グループサウンズ出身で還暦を迎えた音楽会社に勤める立木正午
(堺正章)は、ひょんなことから売れない女優長野かえで(夏川結衣)
と出会い、年甲斐もなく恋をする。
しかし、かえでには東海林龍彦(徳井義実@チュートリアル)という
ヒモ同然の恋人がいた。正午は龍彦にかえでへの想いを告げ勝負する。

堺正章さん自体が苦手であったが、かえでの想いやかえでを励ます
一言一句に毎回感激して見ていました。
とにかくクサイ台詞もあったが、素直でピュアな台詞が多くて、
堺苦手を通り越して、正午がんばれぇぇ~って思いながら見て
いました。

うろ覚えですが…
「僕はかえでさんがこの世に存在してくれて嬉しい」
(かえでが誕生日近いときに)
「理想と現実を比較していけない、理想より今を卑屈になって
考えていけない」(最終回)

~などなど…ドラマ小説が出ない?のが残念です。
DVDプレゼントも応募しましたが、再放送したら録画しようかと…

堺さん演じる正午が、年甲斐もなく、仕事と恋に前向きで、
なんか勇気づけられました。
恋をする喜びや、恋する人を励ます、守るというような雰囲気が
ヒシヒシと伝わってきました。

自分も恋愛に関しては卑屈になっていじけること多いし、励まされて
いるような愚痴っぽくならないようにしなきゃぁ~と感じつつ~
また、今までけなすことは多くても、人を励ますってことを
あまりしたことなかった…と心洗われる感覚になりました。

夏川さんのかえでの健気さ、徳井さんの龍彦のいい加減な中の
本当のやさしさ、かえでの友人の鈴木砂羽さんや、その恋人である
福田@チュートリアルさん、正午の友人のムッシュかまやつさん、
正午前妻の夏木マリさん、その現夫の尾美としのりさん、
仕事仲間の青木さやかさんと田中圭さんなど脇も良かったです。
そーだ、スザンヌも出ていたんだ…
1回だけの登場でしたが、坂口憲二さん、井上順さん、前田吟さん、
高畑淳子さんなども印象的です。

帰りが遅くて、ドラマってあまり見ない方ですが、今回は珍しく
よく見た方ですね~

堺@正午を見ていると、恋をすれば、それが原動力になって、
なんでもできちゃうって感じで…
本気モードで恋でもしちゃいますか~
最近年と共にトキメキが少ないのよね…ありゃりゃこりゃりゃ~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック