3月29日 ムサシ

画像


ネタバレ
注意です!










3月29日(日)
13時半開演
彩の国さいたま芸術劇場
二階席

ムサシ
演出 蜷川幸雄
脚本 井上ひさし
音楽 宮川彬良

宮本武蔵 藤原竜也
佐々木小次郎 小栗旬
沢庵 辻萬長
柳生宗矩 吉田綱太郎
まい 白石加代子
乙女 鈴木 杏
平心 大石継太 ほか

舟島(巌流島)の決闘で武蔵が討ち果たした
小次郎が再び鎌倉にて武蔵の前に現れる!

藤原くんに旬くんに、蜷川さん演出に井上ひさし
さん脚本で何が起こるか読めない期待感…

太い声で勇ましくワイルドな藤原くんの武蔵、
瑞々しく上品ながら奮起する旬くんの小次郎が
前半の一触即発な緊張感と、後半の二人の
一体感が距離おきつつも目を見張る。
二人は役だけでなく、一人の表現者としても
桜が舞うように火花を散らすよう。

辻さんや吉田さんそして白石さんという芸達者ぶりが
スゴい。
辻さん沢庵は僧というお役から説得と重みある台詞、
吉田さん柳生も強い台詞で又愛嬌もあるかわいい
おっさんぶり、白石さんは狂言まで披露し藤原くんと
旬くんを喰ってしまうぐらいの聞かせる台詞と仕草である。
狂言「蛸」に、小次郎を皇族の継続者とあがめたりと
怪演ぶりも発揮する。

杏さんがそんな舞台の中でかわいらしいそぶりを見せ、
大石さんが明るく芝居を引っ張る。

やはり蜷川さんは能舞台を模した禅寺に、
背景の大きな月に竹林で舞台を見せ、吉田さん柳生に
能を舞わせ、白石さんと杏さんでに野村萬斎さん指導で
オリジナルのやや能かがりな蛸という狂言まで見せてくれる。
また、旬くんの小次郎が親を討たれた杏さん乙女らに
剣術を教えるときに、足さばきがだんだんタンゴ調になると
いうおかしさや、武蔵と小次郎が刃を向けないように
宗矩が武蔵・小次郎・宗矩・沢庵・平心の足にひもを結び
五人六脚とし一体感=友情をうませようとしたりと
笑わせてくれる。
十二夜が歌舞伎とシェークスピアの融合なら、ムサシは
時代劇に能狂言と侘びの融合と思いました。

井上ひさしさん脚本も、武蔵と小次郎の再決闘に独自の
おとぎ話的かつ争うことの愚かさを仏教の三毒
(欲、怒り、愚か)や成仏できない幽霊を出して訴えてくる。
やはり蜷川さんとのコンビで重いかもしれません…

音楽はマツケンサンバなどの宮川彬良さんで独特、
タンゴ調の曲に鼓や太鼓など入れ痛快な幻想的な曲調で
聞かせ舞台を盛り上げる。

少年ぽい藤原くん武蔵は老い先見る大人ぶりを
見せられる。
座禅姿は映画禅で共演した中村勘太郎さんに
教わったのかと思ったり(笑)
小次郎と共に寺自体に大きな罠を感じて
臨戦態勢にはいるときのたすきがけや、袴の裾を上げる
などの所作は鋭い情の持ち主である武蔵を見せる又、
舟島の決闘など小次郎が台詞で振り返る武蔵の戦術を
聞いていると、従来の緻密さや思慮深さというイメージを
させる武蔵だが、藤原くんを通して、どこか気の弱さも
感じられる武蔵を見たような気がした。

自分は実はドラマも舞台を見たことがなかった旬くん。
小次郎ぶりを見て、意外とやるではないかとしらしめられ
ました、すみません。
強い台詞といい、出の華やかさと存在感、小顔と鼻筋通る
眼差しと世の女性が騒ぐのも伝わりました。
蜷川さんのシェークスピアものを彼でまた見たいです。

ほとんどが女性客。旬くんファンかな。

客席に野村万作さんがいらして接点がわからなかったの
ですが、狂言指導が萬斎さんに月崎さんと知り納得です。


これから見る方へ、劇場最寄り駅回りは住宅街で
店が少ないです。劇場近くにコンビニがあります。
女性はトイレ並ぶので注意を。
パンフが中味は一緒ですが白と黒あり、グッズに
耳かきがあり不思議です。

藤原くんと旬くん、またとあるか、わからない、
貴重な舞台です。

菊之助武蔵、松緑小次郎、菊五郎柳生、時蔵まい、
梅枝乙女、左団次沢庵で、菊五郎劇団でやらないかな。
(考えすぎ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック