7月5日 映画 ウルトラミラクルラブストーリー

7月5日
シネアート新宿
15:25の回

知り合いのブログで、麻生久美子さんの映画を
ごらんになられたのを読み、奇しくも麻生さんが
三つの主演映画が上映されており、恐れ多くも、
麻生久美子三番勝負と題して見てやろうと
画策したのです。

ウルトラミラクルラブストーリー
おと・な・り
インスタント沼


まず、もう上映が終わっちゃいそうな
ウルトラミラクルラブストーリーから…

ちょっとネタバレ。


映画 ウルトラミラクルラブストーリー
監督・脚本 横浜聡子
出演
松山ケンイチ、麻生久美子
渡辺美佐子、原田芳雄、藤田弓子ほか

同棲していた彼が交通事故で死に、青森へ
産休保母としてやってきたマチコ(麻生)は
ひょんなことから知的障害をもつ陽人(松山)に
一目惚れされてしまう。
陽人はマチコに好かれたい一心で進化と言って
農薬を体にまいたり、強引にマチコにアタックしていく。
亡くなった彼が忘れられないマチコは陽人の行動に
動揺していく。

陽人は農薬を体にまいたせいで体調崩し、一度亡くなるが
息を吹き返す、しかし、二度目の死は森の中の散歩中に、
マチコに「一緒にいてあげる」と言われて飛び上がって喜び
森林の中を駆け巡るところを熊に間違えられて猟銃で
撃たれてしまう。
一度蘇生したことで解剖を受け、マチコは陽人の脳を
保管することに…しかし~

全編津軽弁で、ブラックでシュールな作り…。

ケンイチくんの落ち着きのなさや興奮ぶり、ゲロを吐く…
(表現不適切すみません)など耐えられる方は見てください。
陽人の激しい感情の中で、どこかピュアな部分もあり、
呆れるくらいの暴走というべき迫力とあどけなさが印象的でした。

亡くなった彼と陽人に戸惑う麻生さんのマチコは保母という
職業からか、しっかりと陽人を包んでいく姿が微笑ましい。

陽人の祖母の渡辺美佐子さんが陽人を障害者と扱わず、
一人の男として関わる姿が強さと優しさがうかがえてよく、
原田芳雄さんの医者も瓢逸、藤田弓子さんの占い師も愛嬌あり、
ほか地元青森の劇団出身者など出演し青森県内の農村の
雰囲気を出している。

ケンイチくんの熱演ぶりに呆気にとられ、三番勝負の一番に
持ってきて良かったかもしれない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック