10月19日 伊藤多喜雄コンサートin溝の口

10月19日(月)
川崎市男女参画センター すくらむ21
18時半開演

一部
宮前甚句・宮崎台音頭/田毎流の皆さん
和太鼓/響の皆さん
金比羅さん/チーム幻の皆さん
南中そーらん/
川崎市立高津小学校、葉山町立長柄小学校の皆さん

二部

柿崎竹美
AKITA-OBAKO
オンゴンキィア
秋田荷方節

安曇野めぐ留
貝殻子の子守唄
ハナガサ
僕等のこと

伊藤多喜雄
道南口説き節
沖上げ音頭
帆柱起こし音頭
斉太郎節
俵積み節
津軽じょんがら節
西馬内~秋田音頭
愛しき大地
南中そーらん節

民謡を大胆に編曲されたアーティスト・伊藤多喜雄さん。
今回は、勤め先の川崎溝の口に住まいされており、
地域のためにという地域ライブ。

仕事の師匠より連絡あり、久しぶりに多喜雄さんを聞きました。
仕事を教わっているときは、よくライブに連れて行ってもらい
従来の民謡という概念を打ち消されました。
師匠と多喜雄さんも顔なじみで、「僕の後継者」と一度紹介
されて「頑張ってな」と多喜雄さんに励まされたのを覚えている。
ご存じ?南中そーらん節は北海道では大会もあり、
ドラマ金八先生でもとりあげられたもの。
(昨今は多喜雄色は薄れているが)
会場には俳優の新井英弘さんもいらしていた。
(師匠も顔なじみ)

今回も津軽三味線に尺八と笛、ベースにドラムとピアノという
アンサンブル。
ジャズやブルースを聞いているような又、大袈裟ながらラップや
トランスを聞いているような雰囲気になりました。
多喜雄さんの楽しいトークもかかせません。
今回は大漁旗をバックに歌われ、大漁を意識してか、めでたい
歌ばかりのような気がしました。

そーらん節は小学生を再び呼んで、会場内で踊られる。
それもアンコール含めて3回、多喜雄さんが歌い小学生が踊る。
全身で波や網の引き上げ、風など表現され、また踊る小学生が
楽しいそうに踊っているのが微笑ましい。多喜雄さんの喉の
すごさにまだこのような小学生がいることに逆に驚かされる。

宮前甚句に宮崎台音頭という地元の音頭があるのには驚いた。
流れた歌も30年前の多喜雄さんの声とのこと。

たまに民謡もいいねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック