23年11月17日 雪組 東京宝塚劇場公演


東京宝塚劇場
18時半開演 二階席

雪組公演
仮面の男
Royal Straight Flash

音月桂さんでの雪組トップを初めて見る。
トップ披露は震災と計画停電の影響で公演中止になってしまったのだ。

仮面の男は朕は国家なりと暴政したルイ14世は双子で幼い頃からルイの兄であるフィリップは鉄の仮面を被せられ幽閉されていた。
暴政を止めるべくフィリップを助け出す三銃士、それを阻むルイ側のダルタニアンの思惑もからめ展開していく。
粗暴なルイと温厚で優しいフィリップに、三銃士とダルタニアンが絡みいくらか欲張った内容か。
音月さんはフィリップとルイのニ役で。優しいフィリップと粗暴なルイをうまく演じ分けてる。フィリップでの優しい笑顔が印象的だ。
舞羽さんのルイーズが健気でよく、早霧さんの陰影あるダルタニアン、ニヒルな未涼さんのアトス、豪快な緒月さんのポルトス、爽快な蓮城さんのアラミスの三銃士など揃う。
コンスタンスを不慮でなくしたのを探るためにわざとルイ側についたダルタニアンという三銃士後日談的にも見えた、音月さんはダルタニアンでも良かったかも。

レビューはトランプゲームやラスベガスなど一攫千金をテーマにしたもの。
70~80年代のポップミュージックも出てきて又、群舞的ダンスにコメディもあり、最初やや騒々しいド派手で目まぐるしく取っつきにくかったが、若い華やかな音月さんトップに似合う率いる若々しい瑞々しいエネルギッシュな雰囲気でいつの間にか惹き寄せられた。

年か、見て疲れる宝塚は久しぶりだ♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック