25年10月15日 TAKUMA FESTIVAL JAPAN 晩餐

サンシャイン劇場
19時開演
二階席上手

台風接近の中、宅間孝行さんの演劇ユニット、
TAKUMA FESTIVAL JAPAN 晩餐を観る。

もし未来がわかり、わかってしまったその未来が
思わしくなかったら~ややネタバレ(-。-;

愛する人、支え合う人そして家族の存在を
宅間孝行さんなりに問うた残酷な喜劇、晩餐の意味。

“泣き”を越した良い意味での“呆気”の余韻~

宅間孝行さんの純ちゃんの舞台での陽気さと重く
のしかかる、役を追いつめる鋭い筆と演出。
田畑智子さんの舞子が可愛さゆえの切なさ。
中村梅雀さんの耕太郎の複雑な人間関係の中での儚さと
どこかいつもお見受けする姿から想像できない怪演ぶりも。
柴田理恵さんの耕太郎妻の愛嬌と真摯さ、
市川由衣さんのたまのしたたかさ ほか。

二階で見る。
最後列しか観客が固まって座り、自分の周りはいなく
貸切みたいで照れちゃいました。

サンシャイン劇場は27日まで。
大阪、広島、名古屋、福岡、仙台、新潟、富山、札幌の方~
見に行かなきゃ損です。

観劇しない方も観て欲しい舞台です。

一緒に再び宅間衝撃を味わいましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック