25年12月3日 宝塚歌劇宙組公演「風とともに去りぬ」

東京宝塚劇場
18時半開演 2階席

レッド・バトラー:鳳希かなめ
スカーレット:七海ひろき
メラニー:実咲凛音
アシュレ:朝夏まなと 
ベル:緒月絵麻
スカーレットⅡ:伶美うらら ほか


昨夜宝塚宙組「風と共にさりぬ」を観る。

レッドバトラーのニヒルさ、娘役では追っつかない
男役やるスカーレットとベルサイユの薔薇よりも
傑作かもしれない。

かなめさん演じるレッドのスカーレット待ち続ける、
お前の前ではサヨナラは言わないなど、
宝塚ならではの台詞に酔いしれる。
レッド・バトラー役者がいないとできない演目かも
しれない。

スカーレットの気持ちを二役で魅せる面白さ。
南北戦争が題材になっているが、南部がなぜ負けたか、
戦中戦後も描かれ、ただのラブストーリーでない底辺を
伺うよう。

開幕20分で音響不具合で中断あったが
それを忘れさせる。

宙組だからできた演目かもしれないが、1月に梅田で
演じられる轟悠さんのレッド・バトラーも気になります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック