26年5月18日 酒と泪とジキルとハイド


天王洲 銀河劇場
13時開演 三階席

作・演出 三谷幸喜
出演
片岡愛之助 ジキル
優香 イヴ
藤井隆 ビクター
迫田孝也 プール

劇中演奏
高良久美子、青木タイセイ

愛之助さんのジキルとハイドを
見て来た。

人格の二面性を表す薬を
開発したジキル博士だったが
開発は失敗し、二面性を出す
ため、売れない役者ビクターを
雇い、二面性の一人ハイドを
演じさせようとする。
しかし、ジキルの婚約者が
ハイドに惚れてしまう…。

オヤジギャグにお姉キャラなど
三谷さんが愛之助さんを細工した
雰囲気か、イマイチあか抜けない
ジキルぶりで笑えた。

ジキルに戸惑う藤井隆さん、
善悪変貌して可笑しい優香さん、
堅実そうながらええ加減なジキルの
助手ぶりの迫田孝也さん好助演。

音楽もトーキーや昔のディズニーぽく
楽しい。

あっという間の二時間でした。

ジキルが開発したが失敗して
名誉を守るために小細工する所が
昨今、小保方さんや佐村河内氏の
こともあり、何か考えさせられた。

三谷幸喜さんらしい
ブラックユーモアかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック