26年5月26日 国立劇場五月文楽特別公演 竹本住大夫引退公演

画像




















国立劇場小劇場
11時開演 15列下手側

増補忠臣蔵 本蔵下屋敷の段
千歳大夫 團七
津駒大夫 寛治
玉也 加古川本蔵
紋寿 桃井若狭之助
玉輝 井浪伴右衛門
蓑二郎 三千歳姫ほか

恋女房染分手綱
沓掛村の段
坂の下の段
文字久大夫 藤蔵
住大夫 錦糸
咲甫大夫 始大夫 清友
勘十郎 八蔵
文雀 八蔵母
簑助 与之助
和生 座頭慶政
紋寿 悪党熊造
玉女 悪党虎吉
玉志 鷲塚八平次ほか

三十三間堂棟由来
平太郎住家より木遣り音頭の段
所用のため見られず。

会社休んで、文楽の住大夫さんの
引退公演へ。
引退公演を見るのは初めて…まして
文楽界を牽引してきた住大夫さんの
語りは何度も聞かせて戴き感無量、
寂しさつのる。

歌舞伎でも見たことがない
引退狂言の沓掛村の段も日頃と
変わらぬ人形に息を吹き込む
語りっぷり、納めだからと
きをてらうことなく、芸道とは
こういう引き際と思わせる納めの
花道でした。

恋女房染分手綱は重の井の子別れ
ぐらいしか知らない。その前段
あたりの話らしい。
お家騒動に巻き込まれ、
金調達に難儀する馬士八蔵。
たまたま追い剥ぎから助けた
座頭であったが、その座頭こそ
お家に大切な人物だった…
思わぬ縁につながれ、どこか
沼津に似ている展開。

錦糸さん、清友さん、藤蔵さんの
三味線に、勘十郎さん、文雀さん、
和生さん、簑助さん、玉女さん、
紋寿さんら端役に至るまで人形遣い
ご馳走、弟子の文字久大夫さん、
咲甫大夫さんほか引退に花添える。

幕間での引退挨拶に簑助さんとの
花束贈呈は涙…。

増補忠臣蔵も住大夫さんへの
花向けか、千歳大夫さんに
津駒大夫さんと力が入る。

文楽・住大夫さん引退狂言を観劇後、
明治記念館で会社関連団体の総会へ。
明治記念館なんて、
たとえ嫁が来たとしても
挙式披露宴はできまい(笑)
敷居の高い場所で少し緊張した。

帰りがけ、大手町の読売新聞社で
催されている篠山紀信さん撮影による
歌舞伎役者図絵展を見てきた。
まさに現代の役者絵、今にもセリフや
息遣いが聞こえてきそう。

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック