26年6月18日 読書 「偽悪のすすめ」(坂上忍著)

画像






















坂上忍さんの「偽悪のすすめ」を読む。

自分よりお兄さまだが、ほぼ同世代。
そこまで言っていいのかと思うくらい
発言力、逆にそこまで言えば気持ち
良いのだろう…そんな彼の書いた本。

ギャンブルは勝つくらいに勝つために
やる、女性の荷物は持たないが、
さりげないフォローが必要とか~
彼なりの生き方やポリシーが伝わって
きた。

気を遣わない生き方、自分らしい
生き方、自分にはやれない生き方
ながら、彼を通じて考えさせられた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック