26年7月5日 歌舞伎座 七月大歌舞伎 昼の部

画像




















歌舞伎座
11時開演 二階席二列

一、草摺引
二、夏祭浪花鑑
お鯛茶屋 住吉前
三婦内 長町裏
団七内 屋根上


跳ねる海老 波の谷間に十八代…
七月歌舞伎座初日へ。

海老蔵さん団七を観ながら
勘三郎さんを思い出す夏祭。
恩ある主の放蕩息子のために
義理を尽くす団七たちの
不条理な生き様を描いた筋。

力強い躍動感ある海老蔵さん団七、
さらりと仇っぽさ出す玉三郎さん
お辰、舞台締める左團次さん三婦
そして豊臣秀吉、岩崎弥太郎、正岡子規、
大和田常務他数々のお役を演じて
行き着いた先の中車さん義平次で。

門之助さん磯之丞や尾上右近さん琴浦、
右之助さんおつぎ、猿弥さん徳兵衛、
吉弥さんお梶も要所で魅せる。
大鳥は薪蔵さん、権と八は薪十郎さん、
升一さんで。

中車さんの義平次は身体と腰を曲げて
小さく見せているのに驚かされた。
小さくなることにより、ブランクで見得での
態勢がままならないところを、文楽人形の
ような海老蔵さん団七を引き立たせるよう。
笠姿での登場は桂小枝さんか片岡松之丞
さんのような張りのあるお声で中車さんと
わからず。団七と絡むことにより、序々に
憎らしい役の時の香川照之のお声に
変わっていく。

海老蔵さんが文楽人形に見えたというのは
前回拝見した時も書いたが、中車さんの
義平次のその小ささがどこか文楽人形ぽく
見え又、玉三郎さんのお辰も蓑助さんが
扱うような文楽人形のように見えるのが
不思議だった。(私感ですが)

巡業途中休演された右近も草摺引の
曽我五郎で元気な姿を見せる。
舞鶴は笑三郎さん。
三右衛門さんらの謡で。

席にケネディ大使と自衛権決定した
安倍首相が…
開演五分前、スマホやガラケー
カメラを向ける観客の節操のなさが
情けない。

まだ初日…
これから熱くなる舞台かな。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック