26年10月15日 らくご街道 雲助五十三次 慕情

画像



















日本橋劇場
19時開演 六列

一目上がり 市助
駒長 雲助
電話の遊び 雲助
仲入り
九州吹き戻し 雲助

雲助さんの
らくご街道雲助五十三次へ。

掛取りで困る夫婦が掛取りを
女房の色気でその気にさせたら
女房も一緒に駆け落ちする
「駒長」。

受話器持って混線電話で遊ぶ、
どこか懐かしい風景の
「電話の遊び」。
携帯やスマホで受話器を持つこと
って少なくなったとふと思う。
そのさんの囃子も痛快。

江戸から肥後に流れたキノスケの
江戸帰りいや九州戻りを描く聞いて
いるだけでスケールでかい
「九州吹き戻し」。

あまり聞いたことがないネタばかりで
感服、楽しみました。
九州吹き戻しは落語を聞きながら、
九州まで旅をするという想像を
かきたてるような噺の展開、肥後から
船で出発しながら、薩摩に戻るという
オチ、続きが聞きたくなる(笑)
またキノスケの江戸に戻ったらという
妄想も楽しい。

三題語る雲助さんの愛嬌と凄味を
感じた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック