27年5月5日 歌舞伎座 團菊祭五月大歌舞伎 夜の部

画像




















歌舞伎座
16時半開演 三階席

歌舞伎座夜へ。
三演目とも立回りオンバレード。

丸橋忠弥は武骨なお役は
松緑さんぴったり。
酔って吐くセリフはやや現代的で
おかしいが、一本筋を通す頑なさ
は役に合っている。
逃避行の末の立ち回りも
見応えある。
團蔵さん、梅枝さん、菊之助さん、
亀寿さん、歌昇さん、右之助さん
と脇固める。

自ら会で復活しての海老蔵さんの
蛇柳、九代目惜しむ團菊祭らしい
十八番で意欲的。
黒塚や船弁慶のような展開ながら
松緑さんほか僧と大蛇との戦いに
押戻しの登場で幕。
松緑さんの高僧は途中で引っ込む
のが意味不明。
亀寿さん、巳之助さん、種之助さん、
鷹之資さんの僧たちが活躍。
亀三郎さんの能力が物の怪と法力の
間で道化ぶりから人間の無力さを
見せる。

め組の喧嘩、まさに血の気多い
若い衆を束ねる菊五郎さんの
辰五郎に冷静さと我慢と貫禄を
感じる。
品川楼、芝居前と衝突を繰り返す
鳶と力士たちの中で、辰五郎内の
辰五郎とおなかのやりとりが動の
中の静で大人の雰囲気。
菊五郎さんの辰五郎を見ていると
勘三郎さんや三津五郎さんを
思い出す。菊五郎さんの背負わざる
芸の大きさを痛感した。
時蔵さんのおなか、左團次さんの
四つ車、又五郎さんの九竜山、
梅玉さんの喜三郎、彦三郎さんの
喜太郎、萬次郎さんの女将に、
菊之助さん、團蔵さん、権十郎さん
ほか若手中堅揃えた鳶たち。

初めて歌舞伎を観た仲間は
身近なものになったと
言っていただいた。

夜の部は歌舞伎の華に
日頃の気晴らしに最高!

夕飯は白金やのおいなりさん、
終演後はスペインバルで飲む。



画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック