27年6月13~14日 福岡へ

画像




















週末二日間は福岡へ。

博多座夜の部へ。
眼目は芸道一代男。
初代鴈治郎の若き日を描き
浪花の芸道物らしい展開で
鴈治郎さんが初々しい。
梅玉さんの父翫雀、
秀太郎さんの母たえも
親の情ある。
一瞬大和田常務?的貫禄ある
芝居の差配人中車さんの三栄、
ほか猿弥さん、東蔵さん、
壱太郎さん、千寿さんもイイ。
実川雁二郎から「河内屋!」という
大向こうもかかり懐かしい。
廓文章や河庄の芝居ごっこ的な
台詞や仕草あって、原作の川口
松太郎さんの遊び心を顧みるよう。

37年ぶりの再会に目潤む
中車さんと扇雀さんの
ぢいさんばあさん。
梅玉さん披露、上手は東蔵さん、
下手は扇雀さんで新鴈治郎さん
囲むやや小粒な襲名口上で。

博多座
六月大歌舞伎
四代目中村鴈治郎襲名披露
夜の部
16時半開演 三階席C列

昼は赤坂にある海鮮料理を
戴きました。
博多座行く前に、櫛田神社を
お参りしました。


博多座観劇に続き、翌日は、
山本作兵衛さんの炭鉱の絵を
見に福岡市博物館に行きました。
過酷な作業環境に働く人々の
声が聞こえそうな躍動感ある絵の数々。
炭鉱産業の紹介もあり展開がいい。

ほか西新や藤崎にある
早良鎮守の紅葉八幡宮、
サザエさん通り、元寇防塁
などを散策し歩いて汗かいて~
帰ってきました。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック