27年6月8日 市川猿之助特別舞踊公演

画像





















相模原市民会館ホール
16時半開演 二列上手

地元相模原に、都心の郊外に
まさかの猿之助さん来たる!

やはり空席目立つが、
舞台から熱気伝わってくる。

猿之助さん踊る独楽は、
独楽売りが引き抜きで独楽に
擬人化して回り踊り楽しい♪
初めて見た舞踊だ。

双面は門之助さん松若、笑也さん
おくみ、笑三郎さん女船頭を得て、
法界坊と野分姫の霊を自在に
暴れまくる猿之助さん。
巡業でなく本興行でも通用する
舞台。
猿之助さんの物の怪ぶりは、
芸談で知る六世梅幸に匹敵する
よう。

段一郎さんによる
歌舞伎のみかたがつく。
下座音楽、ツケ、澤五郎さん
との立ち回りなど説明された。
立ち回りはヤマ、かすみ、
からうす、天地天、柳とか
形からの名称に味がある。

あまり歌舞伎に馴染みない
観客の反応がイイ。
引き抜きや、法界坊と野分姫の
霊の演じ分けや、踊りの所作、
小道具大道具など歓声や驚いて
いる様子が伝わる。

猿之助さん、空席に懲りず、
また相模原に来て欲しい!

高校生の頃、毎日のように
通ったりした市役所を見上げる。

あっ、半休しましたよ。


画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック