27年10月29日 新国立劇場 中劇場 パッション

画像





















新国立劇場 中劇場
19時開演 1階15列

体調不良の中、パッションを
観てきました。
体調万全で観たかったあ。

曲調はミュージカルというより
オペラを奏でるよう。
そんな静の中の激しさが、
チラシにある薔薇の花びらが
飛び散るかのように愛のあり方、
愛する方法など展開する。

怪演ぶりなシルビア・グラブ
さんのフォスカはジョルジオへ
執着心満載な愛で生きる力を
みなぎらせるよう。
執拗に愛されるジョルジオの
井上芳雄さんはクララと愛を育むが、
懸命に自分のことを想ってくれる
フォスカに序々に運命的に惹かれる
よう。
クララの和音美桜さんも、離れ離れ
になったジョルジオと文通し励まし
たりするが、フォスカの存在や
ジョルジオの気持ちの揺れを察する
切なさがある。
福井晶一さんや佐山陽規さんという
脇もよく東京初演ながらゾクゾク
させられる舞台だった。

やさしさやちょっとした気遣いは
身を滅ぼすというのは、誰しも
あることで、それに向き合うか、
避けるかはなかなか人として
難しいことを教えてくれる舞台
でした。

また再演あれば体調整え行きたい。

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック