テーマ:博物館

27年10月4日 国立劇場 伊勢音頭恋寝刃~山崎豊子追悼展

国立劇場 大劇場 12時開演 三階席 伊勢音頭恋寝刃 相の山 宿屋 追っかけ、地蔵前、二見が浦 太々講 油屋、奥庭 国立劇場 伊勢音頭恋寝刃へ。 伊勢を舞台に 妖刀青江下坂を背景に 御師貢の苦悩描き、相の山から 宿屋、二見浦まで一気に、 チャリ場太々講に油屋へ。 梅玉さん貢に柔らかみと御師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年3月8日 中央区立郷土天文館 「江戸、芝居町発掘!~江戸の歌舞伎と考古学」

中央区にある郷土天文館へ。 江戸、芝居町発掘と題した展示を見に行きました。 宇(羽)左衛門の木札、役者家紋などもじった泥面子、 木刀など小道具ほか、浅草に移転する前に興行ぶりが伺え、 歌舞伎ヲタにはたまらない展示品に目張りました。 https://www.city.chuo.lg.jp/event/culture/26ki…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年9月21日 三井記念美術館 能面と能装束

三井記念美術館 美術の遊びとこころⅦ 能面と能装束 みる・しる・くらべる 特別展示 三越伊勢丹所蔵歌舞伎衣装 名優たちの名舞台 7/24~9/21 三井記念美術館の 能面と能装束を見にゆく。 面と装束から能を見つめるのは 奥が深い。 面から役柄を、装束の美しさを 感じたりして興味深い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年8月10日 大学の同期会ほか

大学の同期会、まずはお台場へ。 日本未来科学館にて行われている 企画展トイレ?行っトイレ?を見る。 トイレ、うんこ、下水道、トイレ環境 など学ぶ。 うんこになり、便器の中へ滑り台でいくとか 趣向様々。 日本は下水道など環境が恵まれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年6月21日 こども展

こども展 森アーツセンターギャラリー ~6/29まで こども展へ。 見ながら、つい微笑んでしまう こどもがモデルの絵画の数々。 説明案内を読み、 描く画家の家族への想いや 様々な気持ちが、モデルになる こどもたちの表情を通じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年6月8日 馬の博物館 歌舞伎と馬

今日までの期間だったので、 横浜根岸にある馬の博物館に 歌舞伎と馬という展示会を見に 行きました。 博物館敷地はかつて根岸競馬場が あったところで今は博物館に公園、 ポニーなどの乗馬ができる場所と なっている。 馬にちなんだ演目紹介で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年6月15~16日 博多座へ。

博多座へ。 猿翁、猿之助、中車襲名披露です。 15日 羽田空港~福岡空港 ヤフオフドーム HKT48劇場 福岡市博物館 →金印を見る、特別展聖福寺の宝を見る。 西南学院大博物館 →キリシタン文化関係の展示見る。 西新~唐人町~天神 博多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年6月9日 河鍋暁斎の能狂言画

「河鍋暁斎の能狂言画」 三井記念美術館 三井記念美術館開催の河鍋暁斎の能狂言画を見に行く。 習われた経緯あり、描かれている能狂言のキャラクターが 謡い舞、演じる躍動感がある。 ある意味漫画的で愛嬌を醸し出している。 衣装の描写も細かい。 暁斎と、そのお嬢さんが描く高砂など、互いの味が出る。 たまたま能舞台で見かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年6月1日 牧野邦夫 写実の精髄展

牧野邦夫 写実の精髄展 練馬区立美術館 (西武線 中村橋駅下車) 入館料 500円 練馬区立美術館へ、牧野邦夫さんの絵を見に行く。 テレ東の番組で紹介されていたのを見て圧倒され 足を運んだ次第です。 500円というワンコインでこの展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

23年6月日 写楽展

写楽展 東京国立博物館 平成館 役者絵を中心にした 写楽の足跡的展示会。 歌舞伎を見ていると、外題は違えど 見たことある芝居の役者絵に微笑む。 梅川忠兵衛、顔見世で用いられる暫、亀山の仇討、 重の井子別れ、三五大切、先代萩、鞘当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

23月1月14日 4.2

仕事が切羽詰まり 慌ただしくこなして 気づいたら、午前様に。 急ぎ帰ろうとすると 駅ホームで微笑みかける 外人女性が… なんか可愛らしく 微笑ましいので 駅ホームで 見とれてしまった。 彼女に会うには横浜で… とある。 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月13日 ダイヤル俊を廻せ!

2月13日 LIVE 複々製に 進路をとれ ダイヤル俊を 廻せ! 出演 朗読 谷川俊太郎 ピアノ 谷川賢作 19時開演 川崎市民 ミュージアム 逍遥展示空間 60年代から活躍され、川崎市民ミュージアム 建築から携わったデザイナーの粟津潔さんの 展示会に併せた企画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月23日 木喰展

木喰展 そごう美術館 木彫で素朴な仏像は 円空は教科書で 知っていたが、 恥ずかしいことに 木喰は知らなかった。 たまたま見掛けた ネット画面と 横浜そごうの ポスターで、 不思議な仏像写真に 惹き付けられるかの ように足を運んでみた。 筆で書いたようなニコッとした 眼差しに、落ちそうなほっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月12日 特別展・広重が描いた日本の風景

9月某日 特別展 歌川広重没後150年記念 広重が描いた日本の風景(後期) 神奈川県立歴史博物館にて 横浜へ出かけた際、県立博物館の前を通りかかって 気になって見てきました。 博物館所蔵の丹波コレクションから「六十余州名所図会」を中心に 展示されていました。 丹波さんは、戦前から趣味で絵画類収集されていて、収集の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月4日 ダリ回顧展鑑賞

1月4日(最終日) ダリ回顧展 上野の森美術館 明日仕事始めのもちつき準備の後 思い立って上野へ。 今日最終日のダリ回顧展へ。 小中学校の美術教科書には 必ず載っている作者ダリに時計が 溶けてる絵画が印象深い。 16:20に並び始め、 中に入れたのは17:50、 出てきたのは19:15、 並ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月27日 若冲と江戸絵画展と末広亭下席昼の部

チラシを見て、行ってみたかった展示会… プライスコレクション「若冲と江戸絵画展」 東京国立博物館平成館 若冲の作品は1コーナー中心だったが、モザイク画のような 点画的な象や鳥など動物を描いた作品に圧倒される。 江戸時代に動物園にいるかのうような屏風絵であった。 人が群がってよく見ることはできなかったが驚かれた。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

北斎展へ

東京国立博物館へ 「北斎展」を見に 行きました。 終業時間となり、 コートを羽織り、 鞄を持って退社。 電車乗り継ぎ、 走って走って 博物館へ。 19時前到着。 20時まで開館とあって 同じこと考えるサラリーマンは 多いようで、結局30分くらい 入口周辺で行列に入る。 富獄三十六景を主に風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more