26年2月13日 国立能楽堂冬スペシャル 蝋燭の灯りによる

26年2月13日 国立能楽堂 18時半開演 中正面 二人静より観能させて いただきました。 謡講、観たかったなあ。 国立能楽堂冬スペシャル ◎蝋燭の灯りによる おはなし 謡講のこと 井上裕久(観世流) 謡講形式の素謡  通小町ほか   井上裕久(観世流)ほか 能…

続きを読む

26年2月11日 シアタークリエ Paco パコと魔法の絵本

26年2月11日 シアタークリエ 前列あたり 12時半開演 Paco パコと魔法の絵本 ガマ王子vsザリガニ魔人より 後藤ひろひと 作 G2 演出 西岡徳馬、キッド咲麗花、 吉田栄作、安倍なつみ、 山内圭哉、マギー、 伊礼彼方、松下優也、 上山竜司、川崎亜沙美、 広岡由里子 パコは ダブルキャストで谷花音も。 Paco(シアタークリエ)を観…

続きを読む

26年2月9日 新橋演舞場~池尻大橋

26年2月9日 新橋演舞場 二月公演 母を訪ねて膝栗毛 11時開演 三階席 新橋演舞場 母を訪ねて膝栗毛へ。 身寄りなく生きてきた魚屋夫婦 (中村獅童、高橋由美子)と女芸人 (藤山直美)が世話になって火事で 焼けた寺修復のため自分を捨てた 母(水谷八重子、大津嶺子、市村 萬次郎)を探しお金…

続きを読む

26年2月8日 国立劇場文楽公演第二部~国立演芸場 花形演芸会

26年2月8日 国立劇場 小劇場 文楽公演第二部 染模様妹背門松 14時半開演 後方列 国立演芸場 花形演芸会 18時開演 中央あたり 大雪の中、国立劇場へ、 文楽二部と花形演芸会へ。 文楽二部 染模様妹背門松。 油店の段は番頭善六が活躍する チャリ場で笑わせ、質店の段は お…

続きを読む

26年2月6日 宝塚歌劇 雪組 東京特別公演

26年2月6日 東京宝塚劇場 18時半開演 二階席 宝塚雪組観劇。 Shall we ダンス?と レビューのコングラストレーション タカラヅカ。 映画を見て結末がわかって いながら、感極まる、目頭熱く なった。 宝塚版は英国に置き換え、 駅ホームから見えるダンス教室の 女性が気に…

続きを読む

26年2月1日 こまつ座~関根勤・柳原可奈子トーク酷白3

26年2月1日 こまつ座 紀伊国屋サザンシアター 13時半開演 8列目 関根勤 柳原可奈子トーク 酷白3 日経ホール 18時開演 後方上手 こまつ座太鼓たたいて笛ふいて観る。 気迫と陽気な両面持つ大竹しのぶの 林芙美子で放浪記後の従軍記者から 亡くなるまでを威勢良く傷つき哀しみ を背負う芙美子と歌をまぜながら 描く。 梅沢昌代の母キクに圧倒的存在感、 木…

続きを読む

26年1月31日 真田十勇士

26年1月31日 青山劇場 18時半開演 三列目 小心者だった真田幸村を猿飛佐助と霧隠才蔵が 勇壮な武将にしていくという嘘と真実の錯誤。 堤幸彦さんらしい映像や殺陣、ユーモアの演出。 稚気ある勘九郎さんの佐助、凛々しい松坂桃李さんの才蔵、 飄逸な加藤雅也さんの幸村、強かな真矢みきさんの淀君、 可憐な比嘉愛未さんの蛍、インパクトある福士誠治さんの 甚八ほか戦隊…

続きを読む

25年12月22日 ミュージカル「モンテ・クリスト伯」

日生劇場 17時半開演 2階席 演出 山田和也 出演  石丸幹二、花総まり、彩吹真央、村井国夫、 岡本健一、坂元健児、石川 禅、岸 祐二、 林アキラほか TV半沢直樹で石丸さん演じた浅野支店長の倍返し= モンテ・クリスト伯を観る。 やや説明的でもたれる。 石丸幹二さん、花総まりさん、彩吹真央さん、村井国夫さん、 坂元健児さん、石川禅さんなど使いながらどこか…

続きを読む

25年12月21日、23日 歌舞伎座 十二月大歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」

12月21日(土) 11時開演  1階後方列 12月23日(月) 16時半開演 1階6列 親父と歌舞伎座昼へ。 先月とは違い、幸四郎さん、玉三郎さんを上置きに 中堅若手の忠臣蔵の通し。 海老蔵さんの師直、菊之助さんの判官、染五郎さんの 若狭、七之助さんの顔世、巳之助さんの直義の「大序」、 人形浄瑠璃を彷彿させるスケール。 スケールある海老蔵さんの師直と儚い菊之助さんの…

続きを読む

25年12月7~8日 京都南座顔見世興行

12月7~8日(土~日) 京都南座・顔見世興行  二代目市川猿翁・四代目市川猿之助・ 九代目市川中車襲名披露 7日(土) 夜の部 16時15分開演 3階席 元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿 襲名口上 黒塚 道行雪故郷 児雷也 8日(日) 昼の部 10時半開演 1階席3列 日招きの清盛 道行旅路の嫁入 ぢいさんばあさん 二人椀久 義経千本桜 川連法眼館の場 今…

続きを読む

25年12月3日 宝塚歌劇宙組公演「風とともに去りぬ」

東京宝塚劇場 18時半開演 2階席 レッド・バトラー:鳳希かなめ スカーレット:七海ひろき メラニー:実咲凛音 アシュレ:朝夏まなと  ベル:緒月絵麻 スカーレットⅡ:伶美うらら ほか 昨夜宝塚宙組「風と共にさりぬ」を観る。 レッドバトラーのニヒルさ、娘役では追っつかない 男役やるスカーレットとベルサイユの薔薇よりも 傑作かもしれない。 かなめさん演じ…

続きを読む

25年11月26日 帝国劇場 レ・ミゼラブル

帝国劇場 18:15開演 一階後方 ジャンバルジャン 福井晶一 ジャベール 川口竜也 ファンティーヌ 和音美桜 コゼット 青山郁代 マリウス 原田優一 エポニーヌ 綿引さやか アンジョルラス 野島直人 テナルディエ KENTARO マダム・テナルディエ 浦嶋りんこ ガブロージュ 加藤清史郎 ほか…

続きを読む

25年11月24日 新橋演舞場から歌舞伎座へ

新橋演舞場 さらば八月の大地 11時開演 一階席最前列 歌舞伎座 顔見世大歌舞伎 夜の部 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 16時半開演 三階席 演舞場へ。 勘九郎さん、今井翼さん、檀れいさん、木場勝巳さんほか 出演のさらば八月の大地を見る。 戦中戦後の満映で日本人と中国人が映画作りに励む姿を描く。 最前列でなんか照れ臭い。 檀れいさんが俺に微笑んでるとふ…

続きを読む

25年11月21日 野田地図 MIWA

東京芸術劇場プレイハウス 19時開演 一階後方 脚本演出 野田秀樹 出演 宮沢りえ 古田新太 井上真央 瑛太 小出恵介 池田成志 青木さやか 浦井健治 野田秀樹ほか 野田地図のMIWAを観る。 美輪明宏さんの今までの生き様を 描く。 両性を持って生まれてきたシンゴ、 取り…

続きを読む

25年11月8日 lovepunk 場外乱闘

lovepunk 場外乱闘 新宿ミラクル 19時開演 センターあたりに座る 今宵は知り合いが出演している 芝居を見に行く。 女性だけの劇団でシリーズらしいが 題材が女子プロレス。 母親が主宰していた女子プロレス 団体を継いだ娘でリングデビューも 控えているが、メンバーの気持ちが …

続きを読む

25年11月7日 東京茂山狂言会

国立能楽堂 19時開演 脇正面 東京茂山狂言会 子の日 逸平、千三郎 不聞座頭 宗彦、童司、千五郎 狐塚 千三郎、正邦、七五三 附祝言 東京茂山狂言会へ。 公卿が女性を歌でナンパするが… 子の日、耳が不自由な太郎冠者と 座頭の嬲りあい…不聞座頭、 鳥追いを言いつけられた太郎冠…

続きを読む

25年11月3日 宝塚歌劇花組 東京宝塚劇場公演

平成25年11月3日(日) 東京宝塚歌劇 15時半開演 二階席 昨日宝塚花組を見る。 仏革命後、ジャコバン党政権下で 犠牲になった詩人アンドレア・ シェニエの生き様を描く 「愛と革命の詩」と レビュー 「Mr.Swing!」。 オペラから取った芝居で仏革命から その後を扱っ…

続きを読む

25年11月2日 パルコ劇場 ロスト・イン・ヨンカーズ

パルコ劇場 18時開演 後方席 三谷幸喜さん演出(上演台本も)の ロスト・イン・ヨンカーズを観る。 父の借金のため祖母の家に預けられる二人の息子、 厳しい祖母に頭の足りない叔母、挙句はやばい叔父が 息子たちに絡む。 1960~1970年代にあったアメリカで見られた 公開ドラマのような雰囲気。 草笛光子さんの圧倒的存在ぶりの祖母と 中谷美紀さんの頭足りないが可愛…

続きを読む

25年10月26日 帝国劇場 エニシングゴーズ

帝国劇場 エニシングゴーズヘ。 帝国劇場 17時半開演 二階席 瀬名じゅんさんのリノはこの方らしい明るく チャーミングな女性ぶりで惚れ直した(笑) 鹿賀丈史さんのムーンフェイスも軽妙、 過去に植木等さんや左とん平さんが演じたのが わかる。 お騒がせ男が似合う田代万里生さんのビリー、 怪演ぶりがたまらない吉野圭吾さんの伯爵、 保坂知寿さんのホープの母は贅沢な…

続きを読む

25年10月15日 TAKUMA FESTIVAL JAPAN 晩餐

サンシャイン劇場 19時開演 二階席上手 台風接近の中、宅間孝行さんの演劇ユニット、 TAKUMA FESTIVAL JAPAN 晩餐を観る。 もし未来がわかり、わかってしまったその未来が 思わしくなかったら~ややネタバレ(-。-; 愛する人、支え合う人そして家族の存在を 宅間孝行さんなりに問うた残酷な喜劇、晩餐の意味。 “泣き”を越した良い意味での“呆気”…

続きを読む

25年10月1日 宝塚歌劇 月組公演

東京宝塚劇場 18時半開演 二階席 ルパン Fantastic Enargy 宝塚月組を観る。 ルパンは自らの名前を騙られた 盗難事件に挑む姿を描く。 やや説明的だったが龍さん スッキリした格好よさに 救われる。 北翔さん自伝作家や 星条さんガニマール警部が 印象的。 レビューFantastic Enargyは パワフルな雰囲気で目が覚める。 オープニン…

続きを読む

25年9月29日 こまつ座 ホリプロ提携 ムサシ ロンドンNYバージョン

彩の国さいたま芸術劇場 12時半開演 二階席下手 井上ひさし 作 蜷川幸雄 演出 出演 藤原竜也 溝端淳平 六平直政 吉田鋼太郎 白石加代子 鈴木杏 大石継太ほか ムサシを観る。 彩の国さいたま芸術劇場へ。 小栗旬さん、勝地涼さんから 小次郎に溝端淳平さんを迎え、 藤原竜也さんの武蔵ほか六平直政 さん、吉田鋼太郎さん、白石加代子 さん、鈴木杏さん、大石…

続きを読む

25年9月28日 こまつ座 ホリプロ提携 これからのブンとフン

KAAT神奈川芸術劇場 18時半開演 三階席 こまつ座 ホリプロ提携の これからのブンとフンヘ。 売れない作家の大友憤が書いた 小説のキャラのブンが出てきて 世の中をかき乱す。 現実と虚構の狭間を体感させられる。 ブンの集団ができたり、海外のブンが 出てきたりと、思想や集団による 暴徒化、作家一人の気持ちや思いが 思わぬ方向に向かう筆の危うさなど 井上ひさ…

続きを読む

25年9月26日 シス・カンパニー かもめ

かもめ(チェーホフ作) シアターコクーン 18時半開演 一階席 演出・ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演 生田斗真 蒼井優 大竹しのぶ 野村萬斎 山崎 一 浅野和之 西尾まり 小野武彦 梅沢昌代ほか かもめを観る。 堅いチェーホフの美しきネガティブラブ。 チェーホフというか、ロシア文学にありがちなまわりくどい 長たらしいセリフを生田斗真さん、…

続きを読む

25年9月23日 国立劇場文楽公演 伊賀越道中双六 第二部

国立劇場小劇場 16時半開演 後方席 通し狂言 伊賀越道中双六 第二部 藤川新関の段 竹薮の段 岡崎の段 伏見北国屋の段 伊賀上野敵討の段 文楽二部へ。 鍵屋の辻の仇討描いた伊賀越道中双六 の後半。 眼目は岡崎の段。 二時間の長丁場ながら、政右衛門と 志津馬に、股五郎舅であり政右衛門 師匠山田幸兵衛が立ちはだかる。 また政右衛門妻お谷との再会と仇…

続きを読む

25年9月21日 ネクスト・トゥ・ノーマル

シアタークリエ 13時開演 後方席 ネクスト・トゥ・ノーマルを観る。 シルビア・グラヴと小西遼生版へ。 (安蘭けい、辛源とダブルキャスト) 妻が心の病にかかり、夫と娘そして 息子が家族の再生を誓い奔走するが。 メンタルヘルスを扱った内容で重い が、家族の愛か、医療の力かそして 医療の力による安心か、究極な人間 生活を投げかけてくる。 病にかかる妻ダイアナは薬…

続きを読む

25年9月18日 彩の国シェイクスピアシリーズ28 ヴェニスの商人

彩の国さいたま芸術劇場 18時半開演 二階中央あたり 蜷川幸雄 演出 出演 市川猿之助 高橋克実 中村倫也 横田栄司 大野拓朗 間宮啓行 岡田 正ほか 猿之助さんのヴェニスの商人を見る。 友人のバサーリオの婚礼のためにシャイロックに 借金するアントニーオ。しかし借金返済が叶わず、 証文にある通り、アントニーオの身体の肉一ポンドを 切り取られる羽目になるが~。…

続きを読む

25年9月14日 小堺クンのおすましでSHOW28

東京グローブ座 17時開演 1階後方席 小堺一機 松尾伴内 伽代子 あさりど川本・堀口ほか 文楽の後は小堺一機さんのおすましでSHOWへ。 一幕はシェアハウスを題材にした芝居。 小堺さんと伴内さんはお姉役。伴内さんいじられまくり。 二幕は歌と語り。 今年は邦衛さんの真似はなかったが小堺さんに 笑わされた。 カンコンキンとともに今年の夏が終わったと思わせる …

続きを読む

25年8月10日 新歌舞伎座 新・水滸伝

新歌舞伎座 11:30開演 三階席上手 悪の巣窟と言われる梁山泊の面々が 堕落した時の朝廷軍に立ち向かう。 朝廷軍の罠にはめられた林冲を 中心に梁山泊の面々との絆と 梁山泊の一人王英と敵である 隣村の青果のラブストーリーも 絡めて描く。 新水滸伝、三代目猿之助らしい 立ち回り、宙乗りなどあり、…

続きを読む

25年8月9日 うわの空藤志郎一座 TOKYOてやんでい

19時半開演  新宿タイニイアリス 自由席 TOKYOてやんでいの再演。 うわの空藤志郎一座のTOKYOてやんでい 再演を観る。 藤志郎さんの三役や西村さんのチャトラン、 小栗さんの席亭の破壊力な存在感ながら、 島さんの記者に水科さんの百太など新たな 配役もあり再演ながら新鮮。 外部出演の初花さんの着物姿がやはり噺家 らしい佇まい。 初日でアドリブ激しく三時間近…

続きを読む