テーマ:演劇

25年7月2日 宝塚歌劇雪組特別公演

東京宝塚劇場 18時半 二階席 宝塚雪組ベルばらフェルゼン編。 フェルゼンである壮さんの歌唱力に 関心。 早霧さんのオスカルがフェルゼンに 片思いの女らしさがありか弱い。 未涼さんアンドレに愛加さん王妃の 落ち着き。 スピンオフで蛇足的にも見えるが、 ベルばらをフェルゼンを通じ第三者の 視点で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年6月29日 レ・ミゼラブル二回目

帝国劇場 12:30開演 2階席 ジャンバルジャン:キム・ヒョンジュン ジャベール:吉原光夫 ファンティーヌ:和音美桜 エポニーヌ:笹本玲奈 マリウス:山崎育三郎 コゼット:磯貝セイナ アンジョルラス:野島直人 テナルディエ:KENTARO テナルディエ夫人:浦嶋りんこ ほか レミゼ二回目、改めて新鮮に感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年6月13日 love punk みよかなPOISON

新宿 シアターミラクル 19時 開演知り合いの方が出演している舞台を見に行く。 尼崎と練炭保険殺人をないまぜにしたストーリー。 まず男にはわからない見えない女心を感じ、 ぞ~としました。 女性関係少ないですが、女は怖いと改めて感じた。 女性9人の出演者のキャラクターがしっかりしていて、 筋を追うか、キャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年6月9日 河鍋暁斎の能狂言画

「河鍋暁斎の能狂言画」 三井記念美術館 三井記念美術館開催の河鍋暁斎の能狂言画を見に行く。 習われた経緯あり、描かれている能狂言のキャラクターが 謡い舞、演じる躍動感がある。 ある意味漫画的で愛嬌を醸し出している。 衣装の描写も細かい。 暁斎と、そのお嬢さんが描く高砂など、互いの味が出る。 たまたま能舞台で見かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年6月1日 平成25年6月の観劇予定

関西の狂言大蔵流茂山千五郎家の 茂山千作さんが先月亡くなられた。 初めて見たのは、日生劇場での公演。 千切木だっただろうか。 縁があって、狂言好きな女性とともに 千五郎家を主として狂言にはまった時期も あった。そのとき千作さんは80代前半だった と思う。 新聞などの追悼文にもあったが、揚幕から 出てきた時、観客がにやり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年5月3日 うわの空・藤志郎一座 「ただいま!」

25年5月3日(金) 紀伊国屋ホール 18時 上手側 ある島に祖母の一周忌で身内が集まる前日から 始まり残された祖父と亡くなった祖母の回顧遭遇 を描く。 祖母の一周忌前日で、東京などから身内が島に 戻ってくる。そんな中、祖母の孫の担任教師が やってきたり、島の人が行き来する。 そんな何気ない日常と、やや認知症の祖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年4月30日 25年5月の観劇予定

最近は観劇や感じたことなどなんか書きたい 気持ちになる。 ブログ貯めている時期もあるのに何を思うやら。 五月の見るもの!! うわの空藤志郎一座 ただいま 明治座 五月花形歌舞伎 歌舞伎座 柿葺落五月大歌舞伎 おのれナポレオン 宝塚宙組 東京特別公演 マイ・フェア・レデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年4月 25年4月の観劇記録

ややネタばれもあるので…ご注意を。 4月6日 宝塚歌劇東京特別公演 南太平洋 日本青年館 15時開演 一階後方上手 南太平洋の島に住む仏人・ド・ベックはアメリカ軍の 侵攻作戦の協力を求められる。米軍看護婦との恋、 米軍中尉との友情…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平成25年4月) 平成25年3月の観劇記録

先月の観劇記録です。 3月7日(木)  うわの空藤志郎一座・「TOKYOてやんでい」 新宿タイニアイリス 19時半 ネット検索かなんかで映画化されるのを知り、 映画化に併せて再演をされるのを知り、足を運ぶ。 付き合っていた彼女に落語家になることを告げ 前座修業を努めてきた立花亭チャトラン。なかなか 前座から二つ目に上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年4月) 平成25年2月の観劇記録

申しわけございませんが、 まとめて~平成25年2月の観劇記録。 2月3日、市川団十郎さんが亡くなった。 勘三郎さんに続き、再び悲しくなった。 初めて歌舞伎を見たときに、忠臣蔵の師直に 道行の勘平と必ず舞台で見かけた。 最後の舞台になった南座顔見世での石切梶原に 船弁慶の弁慶と亡くなられるなんて思わないぐらい 舞台を勤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年4月2日 25年4月の観劇予定

いよいよ 新装歌舞伎座開場ですね。 勘三郎さんや團十郎さんの 急逝など哀しいながら 歌舞伎役者がいる限り 歌舞伎は続く。 三年間いろいろあったが 前向きに心持ち観て行こう。 四月はもちろん 歌舞伎座のほか… 宝塚歌劇 南太平洋 歌舞伎座新装開場 柿茸落四月大歌舞伎 一部 三部 こんぴら歌舞伎大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年3月3日 25年3月の観劇予定

二月の観劇レポが まだ手付かず。 取り急ぎ、書く時間を 設けたい(汗) 3月の観劇は… うわの空藤志郎一座 悲しみてやんでい 赤坂ACTシアター 中村勘九郎襲名記念 赤坂大歌舞伎 新橋演舞場 三月花形歌舞伎 ル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年2月11日 二月の観劇予定

2月も半ばを迎えてしまったが 観劇予定を。 2月2日 博多座 六代目中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎 夜の部 俊寛/口上/義経千本桜 渡海屋 大物浦/芝翫奴 昼の部 身替座禅 幕見 2月5日 横浜にぎわい座 米紫 吉弥ふたり会 書割盗人 吉弥 宗論 米紫 にょろにょろ 吉弥 仲入 はてなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年1月26日 シラノ

25年1月26日 日生劇場 13時開演 二階席 演出 山田和也 指揮 塩田朋弘 出演 鹿賀丈史、濱田めぐみ、 田代万里生、鈴木総馬ほか 鼻が大きいシラノは軍人かつ 詩人のように弁が立つため 敵が多いが、理解ある仲間から は好かれている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年1月15日 劇団新感線 五右衛門ロック3

東急シアターオーブ 18時開演 二階席上手側 会社を早引けして渋谷へ。 渋谷ヒカリエ内にある劇場 東急シアターオーブに初めて 行く。 新感線に古田新太主演では 何が起こるかわからない ワクワクした楽しみがある。 五右衛門シリーズの第三弾。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年1月12日 大阪へ

猿翁・猿之助・中車襲名を 見に大阪へ。 襲名は13日に見ます。 ゆったり?大阪散策(笑) 自宅~新横浜~新大阪~難波 文楽劇場 あいにく住大夫さん病後復帰は 見られず。 夕方のひらがな盛衰記幕見を 手配する。 黒門市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年1月5日 前進座劇場ファイナル公演

25年1月5日 前進座劇場 11時開演 花道外 前進座劇場ファイナル公演 ~三十年の感謝を込めて 三人吉三巴白浪 前進座劇場が閉館へ。 初めて行く劇場ながら最初で最後。 定員535名という小規模な劇場。 二階もない、中村座とあまり 変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年1月) 平成24年4月の観劇録

平成24年4月の観劇について… 平成24年4月5日  萬歳楽座「安宅」(国立能楽堂 脇正面) 藤田六郎兵衛さんが主宰する一級の能楽師や囃子方を 集めた一大イベント。 仕事都合で安宅だけ見に行く。 ご存知歌舞伎で言う勧進帳の元になった演目である。 歌舞伎は義経を守る弁慶の姿を見た富樫が情で関を通すが 能は弁慶の威嚇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年1月1日 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いします。 あと数日で後厄も明けます。 今年は些細なことでもいいことがあれば いいなあと思っています。 勘三郎さんが亡くなって、芝居気分も やや下がってきた感じもしますが、 チケットもあるので(呆)…観劇はします! しばし勘三郎さんを思い出しながら、 芝居を見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年12月31日 勘三郎さん

今年もあと数時間となった。 今年は後厄の年で、公私共にいろいろな経験や 刺激もあったと思います。 正直しんどかった…と。 最近はmixiやフェイスブックばかりかじってしまい、 更新もなかなかできなかったブログで申しわけ なかったですが、今年もごらんいただき…のぞいて いただき…お邪魔していただき有難うございました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年12月3日 師走の観劇予定

もう師走。 師匠と共に走ります(笑) 師匠って誰や。 慌ただしくても観劇はしますよ(笑) 新橋演舞場 十二月大歌舞伎 国立劇場 十二月歌舞伎公演 鬼一法眼三略巻 宝塚バウミュージカル おかしな二人 こまつ座 組曲虐殺 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年11月4日 五年目の永楽館へ

11月2日夜から4日にかけ、 兵庫県出石の永楽館歌舞伎を主に出掛けました。 11月2日 京都 飲み屋の女の子が辞めるので挨拶しに 飲みに行きました。 変に律儀すぎるかもしれない(呆) 11月3日 ブリーゼブリーゼ コン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年10月1日 神無月の観劇予定

今年もあと2ヶ月。 あっという間に 明けましておめでとう なんだろうな。 10月の観劇予定 野田地図 エッグ 東京芸術劇場 ふるあめりかに袖はぬらさじ 赤坂ACTシアター 芸術祭十月大歌舞伎 新橋演舞場 東京セレソンデラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年9月23日 サウンドシアター 朗読劇 CROSS ROAD

シアタークリエ 17時開演 三列 作 演出 藤沢文翁 音楽 土屋雄作 出演 紫吹 淳 山寺宏一 林原めぐみ 悪魔に魂売ったバイオリニストの話。 元宝塚トップ紫吹さんが好きで行ったのですが… 彼女がそのバイオリニスト、山寺さんがその執事や 悪魔に楽器の音など…林原さんがバイオリニストに つきまとう娘とバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年9月23日 国立劇場文楽九月公演 第一部

国立劇場小劇場 11時開演 後方席 粂仙人吉野花王 夏祭浪花鑑 国立劇場文楽公演昼へ。 やはり重みは欠けるが、「夏祭」の住大夫代役・ 文字久大夫さんの“三婦内”に源大夫代役・ 相子大夫さんの“長町裏 団七”殊勲もの! 親子でないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年9月15日 三連休は関西へ 繁盛亭~なんば花月へ

三連休は関西へ。 振り返り一日目。 まずは久しぶりの繁昌亭へ。 六周年記念でこの日は?朝席、昼席、 夜席と分けての興行。 中入前の松喬師匠にトリの染丸師匠で 僕的はそそるメンバーだったから当日券で 足を運んでみた。 10時ぐらいに行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年9月15日 三連休は関西へ

三連休は関西へ。 7:20~ 新幹線飛び乗る。 10:00 繁昌亭へ 14:00 天神橋へ 淀川三十石船の碑 天神子守唄の碑 ゲリラ豪雨で木の下待機。 繁昌亭で染丸師匠の三十石を 聞いたのでゲリラ豪雨には参りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24年9月8日 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 ~ 小堺クンのおすましでSHOW27

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 新橋演舞場 11時開演 1階席 またかの「寺子屋」に「河内山」と思っていたが 染五郎さん休演で吉右衛門さんが代役となり 療養中の染五郎さんには申し訳ないが、 吉右衛門さんの男らしい芸を二役堪能した。 吉右衛門さんの松王丸は、下手から出てくる 最初から首実検そして述懐と野辺送りまで 観客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more