テーマ:演劇

27年12月31日 良いお年を。

写メは今年の観劇メモ。 11月以降、更新せず すみません。 Twitterやmixi、Facebook にはつぶやいていました。 備忘録として 11/5 笑福亭鶴瓶独演会 11/8 大阪中村座昼夜 11/9 永楽館歌舞伎 11/10 W…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月29日 新国立劇場 中劇場 パッション

新国立劇場 中劇場 19時開演 1階15列 体調不良の中、パッションを 観てきました。 体調万全で観たかったあ。 曲調はミュージカルというより オペラを奏でるよう。 そんな静の中の激しさが、 チラシにある薔薇の花びらが 飛び散る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月24日 lovepunk STAGE12 間違いは正しい!

lovepunk STAGE12 間違いは正しい! 14時開演 新宿シアター・ミラクル 作 演出 高原秀和 キャスト あじの純子 本橋由香 森川凛子 安城久美子 小川ひかる 門倉美穂 須藤未悠 昨日知り合いが出る 小劇場を観にゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月21日 こまつ座 マンザナ、わが町

今宵は 井上ひさしさん作の マンザナ わが町へ。 紀伊國屋ホール 18時半開演 F列 作 井上ひさし 演出 鵜山 仁 出演 土居裕子 熊谷真美 伊勢佳世 笹本玲奈 吉沢梨絵 土居裕子さん、笹本玲奈さん、 吉沢梨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月20日 スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース

新橋演舞場 16時半開演 三階席 ワンピースへ。 原作知らなくても楽しかった! 囚われた義兄弟エースを救出にゆく ルフィを描く。 古典から古代、中国史で とうとう海に出たか、 スーパー歌舞伎という印象。 所々でその応用引用を感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月18日 タクフェス くちづけ

サンシャイン劇場 14時開演 二階席後方 くちづけ 作・演出・出演 宅間孝行 出演 金田明夫 森田涼花 上原多香子 大和田獏 かとうかずこ 柴田理恵 町田萌香 中村有沙ほか 10月10日そして東京楽日で ある18日と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月10日 タクフェス くちづけ

サンシャイン劇場 17時開演 一階17列 作・演出 宅間孝行 出演 宅間孝行 森田涼花 金田明夫 大和田獏 かとうかずこ 柴田理恵 ほか 宅間孝行さんの タクフェス くちづけへ。 今まで合わない、つまらない、 見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月10日 帝国劇場 ラ・マンチャの男

帝国劇場 13時開演 二階後方下手 久しぶりに ラ・マンチャの男へ。 大好きな霧矢さんが 初役アルドンサに。 また久しぶりの幸四郎さんの セバンテスにドン・キホーテは 夢と現実の狭間にさ迷う紳士ぶり、 見果てぬ夢を聞いて目が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月7日 こまつ座 十一ぴきのねこ

紀伊國屋サザンシアター 19時開演 五列 こまつ座 十一ぴきのねこへ。 空腹の猫たちが老猫の話を 聞いて大きな魚がいる湖を目指す、 貧しさから夢を追いかけ、やがて 豊かさとともに~猫を擬人化した 井上ひさし風戦後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月 今月の観劇等予定

27年10月の観劇などの予定。 国立劇場 伊勢音頭恋寝刃 三遊亭萬橘、三遊亭兼好二人会 渋谷にて こまつ座 紀伊國屋サザンシアター 十一ぴきのねこ 紀伊國屋ホール マンザナ 帝国劇場 ラ・マンチャの男 サンシャイン劇場 タクフェス くちづけ 歌舞伎座 芸術祭十月大歌舞伎 昼の部 音羽嶽だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年10月3日 27年7~9月観劇備忘録

ご無沙汰してます。 Twitterやフェイスブックに mixiにはつぶやきで残して いるものの更新せずすみません。 27年7~9月の観劇備忘録です。 7/8 紀伊國屋サザンシアター こまつ座 父と暮らせば 7/10~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年7月20日 新橋演舞場 阿弖流為

新橋演舞場 11時半開演 三階席下手 新橋演舞場 阿弖流為を 観劇!感激! 初演時、 都や帝の名の基に埋れた 日本の歴史と敗者の描き方で まさに歌舞伎じゃないかと思い、 阿修羅城の瞳よりこちらの再演を と願っていたが、かの新感線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年7月8日 こまつ座 父と暮せば

紀伊國屋サザンシアター 19時開演 12列中央あたり こまつ座 父と暮せばへ。 広島原爆で亡くなった父が 恋と生きる苦悩を抱える 娘の前に現れ、原爆投下、 原爆後遺症、生き残った 後悔に近い苦悩を父娘の 会話の中で展開。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年6月 帝国劇場 エリザベート

エリザベート観劇。 内野、祐一郎、石丸トート、 高嶋ルキーニなど見たが 一気に若返りへ。 圧倒的存在のトートが、 若いトートとなると、 エリザベートの生き様が 花総により強く印象に残る。 また花総エリザは 地位名誉でなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年6月10日 こまつ座 戯作者銘々伝

紀伊国屋サザンシアター 18時半開演 11列 こまつ座 戯作者銘々伝へ。 松平定信の改革に挑む 蔦屋重三郎に山東京伝ら 愉快に権力に強気弱気と 戯作者の生き様を見せる。 山東京伝と花火職人の友情が 切ない。 軽快かつ優しさを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年5月17日 一日、国立劇場。

国立劇場 大劇場 前進座五月国立劇場公演 11時開演 三階席 小劇場 人形浄瑠璃文楽五月公演 二代目吉田玉男襲名披露 夜の部 16時開演 後方列 一日国立劇場へ。 昼は前進座。 謡うような台詞に一本気な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年5月8日 ART (サンシャイン劇場)

27年5月8日 サンシャイン劇場 19時開演 一階18列 市村正親さん、益岡徹さん、 平田満さんのARTへ。 一枚の白いキャンバスの 絵画から三人の絵の見方、 価値観、モノのいいよう、 環境、家族、生き方までを 議論する。 仲がいいからなのか、 本気と本音なのか、 喧騒な丁々発止な台詞劇。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年4月29日 宝塚歌劇 星組 東京特別公演

東京宝塚劇場 11時開演 二階席 宝塚星組 柚木礼音さん サヨナラへ。 オーシャンズ11と愛と青春の旅立ち だけしか見ていないが改めて拝顔 すると“カッコイイ!” レビューでないがダイヤモンドの 輝きに容姿、ダイナミックな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年4月18日 映画 幕があがる

横浜ブルグ13 21:40~23:50 後方上手 上映最終日 ももクロの「幕があがる」を見る。 高校演劇を描いたもので、ももクロの 五人が個性や多感な高校生らしさを 魅せ清々しい余韻。 彼女たちを指導する教師役の黒木華さんが 五人を覆う格好よさと貫禄ぶり。 さすが野田秀樹さんと勘三郎さんに挟まれ 娘役を演じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年4月11日 明治座 HKT48 指原莉乃座長公演

明治座 17時開演 三階一列 明治座 指原莉乃座長公演へ。 スーパー歌舞伎脚本の横内謙介さん 演出でどこか歌舞伎に宝塚ぽく 娘歌舞伎の雰囲気。宙乗りもある。 前説では大向こうの解説もある。 獨道中五十三驛の猫の怪が魚油を なめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年3月28日 ミュージカル タイタニック

シアターコクーン 17時開演 二階席下手 昼間はタイタニック、夜から 談春さんとの予定だったが チケット確認すると、 タイタニックが夕方からと! 談春さん落語会と時間帯重なる。 談春さんはまた見にいけそうだから タイタニックを優先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年3月8日 こまつ座 藪原検校

世田谷パブリックシアター 13時開演 3階A列 野村萬斎さんの藪原検校へ。 悪業の因果と野望のためなら人をも殺す杉の市。 餅に例えた義経記を語る所から悪の限りを尽くす姿は 萬斎さんの他はいないほど。 辻萬長さんの藪原を同志という情ある紀一ほか、 山西惇さんの語り部盲太夫の愛嬌、 中越典子さんのいちの一途さと脇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

27年3月7日 ウィズ~オズの魔法使い

東京国際フォーラムC 18時半開演 1階後方列 演出 宮本亜門 出演  梅田彩佳(Wキャスト 田野優紀) 陣内孝則、岡本知高(Wキャスト 阿地波悟美)、 エハラマサヒロ、小柳ゆき ほか 宮本亜門さん演出、梅田彩佳さんバージョンでのウィズ。 RPGをやっているようなオズの魔法使い。 インザハイツも見ているが、梅ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年12月 見過ぎた~

26年は歌舞伎、落語、 ミュージカルなど 毎年のことながら 見過ぎた。 手帳の観劇メモ、 我ながらスゴイ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年12月 12月の観劇備忘録

26年12月9日 東京宝塚劇場 宝塚歌劇月組東京特別公演 二階席下手 宝塚100周年に今年宝塚見納めは 奇しくも観るキッカケになった月組で。 かの小池修一郎さんの手による 妖精の恋模様描く喜劇PUCKと レビューCRYSTUL TAKARAZUKAで。 愛くるしい可愛らしさある龍真咲さんに 首ったけになりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年12月7日 新橋演舞場 笑う門には福来たる

新橋演舞場 11時開演 二階席下手後方 新橋演舞場、藤山直美さんの 笑う門には福来たるへ。 吉本興業創始者吉本せい描く 人情喜劇。 松茸で吉本?と不思議な感覚。 吉本だから笑いをという演じ方 でなく、直美さんはあくまでも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年12月4日 紫式部ダイヤリー

名鉄ホール 19時開演 真ん中あたりの席 15時から半休を戴き、 名古屋まで紫式部ダイヤリーを 見にゆく、滞在時間四時間、 初めての名鉄ホール。 清少納言(斉藤由貴)と紫式部 (長澤まさみ)がBARで飲みながらの 本音トーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年11月24日 新橋演舞場 新派公演 十七世 十八世中村勘三郎追善

新橋演舞場 16時半開演 一階席 鶴八鶴次郎 京舞 新橋演舞場 新派 勘三郎追善へ。 波乃久里子さんに十七世を、 勘九郎さんに十八世の面影が映る。 勘九郎さんと七之助さん演じる芸の ひたむきさと壁から一歩踏み出せない 鶴八鶴次郎。 新内男女コンビで芸や些細な悋気から 衝突する二人。 勘九郎さんの鶴次郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年11月6日 国立能楽堂 企画公演

国立能楽堂 18時半公演 中正面四列 <月間特集・鬼の世界> おはなし    馬場 あき子(歌人) 狂言 節分(せつぶん)    大藏 吉次郎(大蔵流) 能  鉄輪(かなわ)     辰巳 満次郎(宝生流) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more