26年10月4日 風邪ひきましたが。

26年10月2日 日本演芸若手研精会 日本橋劇場 18時半開演 市助 金明竹 遊一 目黒のさんま 夢吉 さんま火事 小辰 野ざらし 中入 宮治 道灌 正太郎 たちきり 26年10月3日 十月大歌舞伎 17世中村勘三郎二十七回忌 18世中村勘三郎三回忌追善 歌舞伎座 11時開…

続きを読む

26年9月20日 大手町落語会 ザ・柳家権太楼

よみうり大手町ホール 13:30開演 上手側 春:百年目 夏:青菜 秋:疝気の虫、 冬:鰍沢 前座 さん坊 ザ・柳家権太楼へ。 春:百年目、夏:青菜、秋:疝気の虫、 冬:鰍沢という飛ばし過ぎではないか、 一席聞いただけで満足と思うくらいの お腹いっぱいになる権太楼師匠の圧倒 される…

続きを読む

26年9月17日 読書「青春の上方落語」

青春の上方落語 NHK出版新書 小佐田定雄編 「青春の上方落語」を読む。 鶴瓶、南光、文珍、ざこば、 福團治、仁鶴の弟子時代の 逸話の数々。 各師匠米朝に松鶴、文枝、春団治と 上方落語の屋台骨と愛情の凄さを 再認識する。 隣に寄り添い右左を南光に教える 枝雀、額縁のようにはま…

続きを読む

26年9月17日 らくご街道雲助五十三次~秋

らくご街道雲助五十三次へ。 日本橋劇場 19時開演 後方より 目黒の秋刀魚 雲助 安兵衛狐 雲助 中入り 業平文治漂流奇談~発端 ネタだしは 旬な「目黒のさんま」を。 庶民だけの味だった秋刀魚を 空腹の殿様が食べてはまる。 勝手ながら坊ちゃん気質で 品ある殿様ぶり。 サゲのサンマ…

続きを読む

26年9月5日 笑福亭鶴瓶落語会~ショーガール

ゆうちょ笑福亭鶴瓶落語会 赤坂ACTシアター 18:30開演 1階M列 鶴瓶噺 転宅 三年目 中入 たちきり ショーガール パルコ劇場 22時開演 F列下手 三谷幸喜 作、演出 出演 川平慈英、シルビアグラブ 音楽 荻野清子ほか 昨夜は笑福亭鶴瓶落語会と パルコ劇場のショーガ…

続きを読む

26年9月4日 26年9月の観劇

8月は札幌を始め、 沼津、甲府、高崎、千葉、名古屋と 仕事とはいえ、滞在時間1~2時間と いえ、暑い中出かけましたね。 8月の観劇は歌舞伎座の乳房榎、 ABKAI、ミスサイゴンが印象深い。 あとは行っトイレ?展かな。 9月は… ゆうちょ 笑福亭鶴瓶落語会 パルコ劇場 ショーガール…

続きを読む

26年8月4日 らくご街道 雲助五拾三次~強請

日本橋劇場 19時開演 六列 怪談牡丹灯籠より 栗橋宿 中入り 怪談牡丹灯籠より 関口屋 雲助五拾三次~強請。 牡丹灯籠 栗橋宿~関口屋を聞く。 恋するお露の霊にそそのかされ 新三郎を祟り殺す伴蔵だったが、 やがて女房お峰も殺し、 不義仕掛けるお国と源次郎の 罠にもびくともしない…

続きを読む

26年7月24日 都民劇場 柳家権太楼独演会

紀伊國屋ホール 19時開演 一列目上手 ほたる 動物園 権太楼 青菜 権太楼 佃祭 中入り マギー隆司 マジック 権太楼 鰻の幇間 都民劇場 権太楼独演会へ。 最前上手で青菜、佃祭そして 鰻の幇間と聞く。 佃祭は隣国船舶事故と震災の 津波のことあり、今日をもって 一旦封印するとの…

続きを読む

26年7月13日 繁昌亭朝席 枝さんの朝から落語会

天満天神繁昌亭 10時開演 自由席 上手後方 林家愛染 平林 桂枝三郎 皿屋敷 笑福亭喬介 饅頭こわい 桂枝三郎 七度狐 繁昌亭朝席の枝三郎さんの会へ。 久しぶりの繁昌亭。 枝三郎さんは桂文枝さんのお弟子。 途中から入場。 愛染さんの平林を途中から聞く。 枝三郎さん登場。 …

続きを読む

26年7月1日 26年7月の観劇

今月の観劇予定は~ 歌舞伎座 七月大歌舞伎 帝国劇場  シスター・アクト~天使にラブソングを (森公美子バージョン) love punk 国立劇場 社会人のための歌舞伎教室 新橋演舞場 松竹新喜劇七夕公演 夜の部 大阪松竹座 七月大歌舞伎 夜の部 新国立劇場 抜け目のない未亡人 タクフェスティバル「夕」 宝塚歌劇 宙組 ベルサイユのばら …

続きを読む

26年6月19日 らくご街道 雲助五拾三次 大川

日本橋劇場 19時開演 六列 鰻屋 雲助 汲みたて 雲助 仲入り 宮戸川 雲助 らくご街道雲助五拾三次へ、 テーマは大川。 宮戸川通しに鰻屋と汲みたて の珍しいネタで。 宮戸川、ふとした間違いから 好いた仲となる半七とお花、 夫婦になるがお花が かどわかされてしまうが~ 雲…

続きを読む

26年6月6日 桃月庵白酒欧州公演壮行落語会

新宿文化ホール小ホール 19時半開演 自由席 ゆう京 一目上がり 天どん 引っ越しの夢 恩田えり お囃子教室 白酒 だくだく 仲入り 白酒 臆病源兵衛 桃月庵白酒欧州公演壮行落語会へ。 昨年の一之輔さんだったが、 今年は白酒さんが回る。 不安多いようだが、 楽しく出掛けて欲しい。 …

続きを読む

26年5月31日 六月の観劇は。

六月の観劇は。 減らすと思い立ちながら、 増えている。( ゚д゚) CELEBRATION 100 TAKARAZUKA ~この愛よ永遠に~ 青山劇場 桃月庵白酒欧州公演壮行落語会 新宿文化センター小ホール 歌舞伎座 六月大歌舞伎 コクーン歌舞伎 三人吉三 ミュージカル カルメン 天王洲銀座劇場 ソロミュージカル レディ・デイ DDD青山クロ…

続きを読む

26年5月28日 鶴瓶噺2014

EX THEATER ROPPONGI 19時開演 二階席(B1)7列 鶴瓶噺へ。 予定時間すぎる二時間半 一人でトークされ凄い。 全国17箇所回られての大千秋楽。 事実は小説より奇なりという 出会いの数々に、春之輔師匠や タクシーの遭遇、マネージャー、 テレビ家族に乾杯、松鶴師匠… …

続きを読む

26年5月24日 新丸子寄席

新丸子寄席 右太楼・ほたる二人会 第十回 五周年記念 新丸子地区連合町内会館 18時半開演 さん坊 松竹梅 ほたる 幇間腹 右太楼 三方一両損 仲入り 権太楼 青菜 会社近くの新丸子にて右太楼さんと ほたるさんの二人会へ。 第十回に五周年とあり、師匠である 権太楼さんが出演。 …

続きを読む

26年5月20日 らくご街道雲助五拾三次 吉例 髪結新三

日本橋劇場 19時開演 六列 らくご街道雲助五拾三次 定例 髪結新三。 大店の娘をかどわかした新三。 娘救出で弥太五郎源七を うっちゃるが、しかし大家に やられてしまう。 やがて新三は遺恨ある源七に 討たれる。 発端から永代橋まで雲助さん、 新三内は小里んさんのリレー落語で 歌舞…

続きを読む

26年5月5日 今月の観劇は

26年5月の観劇は~ 東京宝塚劇場 歌劇花組東京特別公演 歌舞伎座 團菊祭五月大歌舞伎 昼の部 明治座 五月花形歌舞伎 昼夜 前進座 五月国立劇場公演 五代目柳家小さん偲ぶ 十三回忌公演 柳家さん喬ひとりきり イイノホール AKB48握手会…梅田彩佳さんと。 天王洲銀河劇場 酒と泪とジキルとハイド らくご街道 雲助五拾三次 …

続きを読む

26年4月14日 らくご街道雲助五拾三次 鉄板

日本橋劇場 19時開演 一階下手 寄席落噺之鉄板 ざるや 粗忽無筆之鉄板 代書屋 廓落噺之鉄板 お見立て 中入り 夫婦情之鉄板 人情噺 火焔太鼓 鉄板中之鉄板 新版三十石 らくご街道雲助五拾三次-鉄板-へ。 遅れてしまったがアンケート リクエスト公演! 聞けなかったがざるや。 …

続きを読む

26年4月13日 今月の観劇は。

今月の観劇は… 劇団新感線 蒼の乱 シアターコクーン イン・ザ・ハーツ らくご街道 雲助五拾三次 卯月公演 文学座 夏の盛りの蝉のように 日生劇場 ラブ・ネバー・ ダイ 歌舞伎座 鳳凰祭四月大歌舞伎 昼の部 帝国劇場 レディ・ベス 少なめかな。親の小言あり、一応 減らしているかな。 また会社仲間と日光旅行行くことに なり、こんぴら行きは…

続きを読む

26年3月27日 夢吉のバカ11→12

お江戸上野広小路亭 19時開演 自由席(後方) 挨拶 夢吉 金明竹 蝠よし 狸の鯉 夢吉 花見小僧 夢吉 仲入り 水屋の富 夢吉 最近気になる 三笑亭夢吉さんの会 夢吉のバカ11→12へ。 狸がお祝いの鯉に化ける 狸の鯉は初めて聞く。 おせつ、徳三郎という 身分違い…

続きを読む

26年2月28日 夢一夜 一之輔 夢吉二人会

26年2月28日 人形町 日本橋社会教育会館 19時開演 真ん中あたりの席 夢一夜 一之輔 夢吉二人会 鯉◯ 馬大家 夢吉 附子 一之輔 お見立て 仲入り 一之輔 風呂敷 夢吉 将棋の殿様 年内から楽しみにしていた 一之輔・夢吉二人会へ。 一之輔さんは今最もチケット取りにく…

続きを読む

26年2月10日 日本演芸若手研精会 如月公演

日本演芸若手研精会、 ドタキャンは席亭に対し、 いかんともっと失礼ながら 仲入後より。 26年2月10日 18時半開演 後方列 水天宮前 日本橋劇場 市楽さんの四段目と、 トリは小辰さんの御神酒徳利。 二人とも師匠に似て教わった通りか 余計なこともせずまっすぐに 語りあげ好感もてた。…

続きを読む

26年2月9日 新橋演舞場~池尻大橋

26年2月9日 新橋演舞場 二月公演 母を訪ねて膝栗毛 11時開演 三階席 新橋演舞場 母を訪ねて膝栗毛へ。 身寄りなく生きてきた魚屋夫婦 (中村獅童、高橋由美子)と女芸人 (藤山直美)が世話になって火事で 焼けた寺修復のため自分を捨てた 母(水谷八重子、大津嶺子、市村 萬次郎)を探しお金…

続きを読む

26年2月8日 国立劇場文楽公演第二部~国立演芸場 花形演芸会

26年2月8日 国立劇場 小劇場 文楽公演第二部 染模様妹背門松 14時半開演 後方列 国立演芸場 花形演芸会 18時開演 中央あたり 大雪の中、国立劇場へ、 文楽二部と花形演芸会へ。 文楽二部 染模様妹背門松。 油店の段は番頭善六が活躍する チャリ場で笑わせ、質店の段は お…

続きを読む

26年1月22日 なごや市馬落語集 お名残り公演

26年1月22日 大須演芸場 19時開演 一階席 全席自由 市助 転失気 市馬 馬の田楽 中入り 市弥 紙入れ 市馬 文七元結 閉館予定の大須演芸場での 市馬さんの会へ。 これを逃すと観にいけないと思い、 15時ごろ会社を休み扱いで出る。 満席で市馬さんは明るく胸空く 江戸っ…

続きを読む

26年1月15日 らくご街道 雲助五拾三次 名人長二 楽日

26年1月15日 水天宮日本橋劇場 19時開演 一階席 名人長二 お白洲~大団円 雲助師匠の名人長二 楽日へ。 遅刻し最初展開読めず残念だったが、 指物師長二が殺してしまった幸兵衛夫婦が 巨悪とわかるというお白洲から大団円へ。 歌舞伎調でテンポ良く菊五郎劇団で見てみたい気も。 長講で…

続きを読む

25年12月24日 らくご街道 雲助五拾三次之内 名人長二 中日

日本橋劇場 19時開演 C列 らくご街道 雲助五拾三次之内  名人長二 中日 請地の土手 中入り 清兵衛縁切 雲助師匠のらくご街道、名人長二中日へ。 生き方不器用な指物師長二の運命。 前回の仏壇たたきから、今夜は贔屓する主人夫婦が 生みの親だったが親だ子だともめるうち殺めてしまう。 (請地の土手 世話になった師匠清兵衛と縁切り、迷惑かけないよう お白州へ向かう…

続きを読む

25年11月30日 はなからしまいまで初花

お江戸日本橋亭 18時半 真田小僧 サラダ小僧 中入り プロレスレフリーものまね 火事息子 柳家初花さんの独演会。 お父さんからお母さんの醜聞(実は按摩を呼んだ話)を言って 小使いをまきあげる子供の話の真田小僧は真田幸村の 幼い頃のことも含めた全段通しで。 サラダ小僧は真田小僧を基にした新作。 お父さんの大したことのない醜聞をお母さんに話して、 嫌いな野菜…

続きを読む

25年10月29日 笑福亭鶴瓶独演会

赤坂ACTシアター 18時半開演 一階下手 笑福亭鶴瓶独演会 鶴瓶噺 悲しみよありがとう かんしゃく 中入り お直し 鶴瓶さんの独演会へ。 笑っていいとも終了発表の話 から、家族に乾杯でのロケ話、 さだまさしさんと小田和正さん に怒られた話などの鶴瓶噺から~ 今日は木梨憲…

続きを読む