2020(令和2)年5月6日 2020(令和2)1月から現在までの観劇備忘録

2020(令和2)年、明けてからの観劇備忘録です。 コロナウィルス感染拡大防止で3月から公演中止の数々に チケット払い戻しばかり。 演じる役者さん、それを支える裏方さんの気持ちを考えれば 我々観客は「我慢」するしかありません。 前回も書きましたが、当たり前だった週末や仕事帰りが 当たり前でなくなった。 チケット払い戻しを伺うと、観劇が有益だったのか、 無駄だったのか…も考…

続きを読む

2020(令和2)年5月5日 2019(平成31~令和元)年 観劇等備忘録

ご無沙汰しております。 久しぶりの書き込みです。 2018年も途中ですが、昨年2019年の観劇等備忘録を。 観劇の他に握手会や野球観戦もあります。 歌舞伎も遠征も少なくなり、昼夜通しもあまりしなくなり、 FBで知り合った方の小演劇やライブを観る機会が増えたかもしれません。 また下手なゴルフを始めたばかりにチケット貧乏になることもあり それも影響しているでしょう。 20…

続きを読む

2018年5月3日 歌舞伎座 團菊祭五月大歌舞伎夜の部

歌舞伎座 團菊祭五月大歌舞伎夜の部 16:30開演 一階後方席 弁天娘女男白浪 鬼一法眼三略巻 菊畑 六歌仙容彩 喜撰 團菊祭夜の部へ。 何度も観ている菊五郎さん弁天小僧が改めて新鮮、ふんわりな娘役がバレて男になる所は悪の華がパッと開いたような雰囲気。自家薬籠中で魅せる。 菊五郎さんと名コンビぶり左團…

続きを読む

29年12月24日 歌舞伎座 十二月大歌舞伎 第三部

歌舞伎座 18時半開演 3階席 今年歌舞伎見納め、 歌舞伎座三部へ。 感涙というのか、 泣きたくなる美しさを 感じた「楊貴妃」。 玄宗皇帝の想いと 逢えない切なさを 玉三郎さんから伝わってくる。 会わない方が良かった再会 「瞼の母」。 母恋しさと激しさ魅せる 中車さん忠太郎が、渡世版・ 母…

続きを読む

2017(平成29)年12月17日 国立劇場12月歌舞伎公演・鈴本演芸場12月中席夜の部

国立劇場 梅の由兵衛と三番三へ。 夏祭、十六夜清心、御所五郎蔵などないまぜ的で珍しさもありワクワクドロドロと感じながら観た。 吉右衛門さんの胸すく頭巾姿に、頭巾取った後の癇癪と苦悩ぶりが伝わる。 菊之助さん小梅と長吉が引っ張り、艶やかな雀右衛門さんこさん、ヤワな男ぶり錦之助さん金五郎、苦虫噛み潰した不敵ぶり…

続きを読む

29年12月16日 ハシゴ観劇

今日はハシゴ観劇。 FBお友達にさせていただいています 水田詩絵里さん出演のLIBERTYを 観て来ました。 婚活カフェで知り合った6人の男女の 恋や生き方。 限られたスペースで出演者方が縦横無尽に動き、レミゼのカフェソングパロディあり、狂言回しがお人形さんマスターだったりと工夫され関心しました。 世代異なるが、男…

続きを読む