3月勘三郎襲名千秋楽

画像
色んなことありましたが、3月の勘三郎襲名も無事楽日を迎えました。

昼の部、2階にて観劇。
勘太郎さんの「初櫓」は、踊りっぷりが綺麗で胸がすく。

幸四郎さんの「俊寛」はやや船をこぐが、幕切れの
じっと眺める姿は、先代勘三郎さんの最後の舞台とあって、
大袈裟ながら、舞台と客席に地上と天上の境が見える感じだった。

「口上」。幕が開いたとたんに目頭が熱くなる。
芝翫さんの「六代目、先代への恩返し」、仁左衛門さんの
源左衛門さん襲名のことなど、初日とは違う楽日の華やかさが
あった。

「大蔵卿」の勘三郎さんは、「桧垣」は無垢でかわいらしく
「奥殿」では源氏への想いが伝わって良かった。
源左衛門さん登場の拍手は印象的。小山三さんの鳴瀬は
背筋がピンとして局らしい格が備わった感じがする。

夜の部。
「盛綱陣屋」。勘三郎さんの盛綱は終始緊張感があり、
時政が去った後、篝火への面会許可、小四郎を褒める姿や
台詞はここに至るまでの主従や兄弟の葛藤などをすべて
すっきりさせる調子で見応えがあった。時代物で堅いが
庶民と身分は違えど家族のドラマと改めて感じた。

「保名」。
仁左衛門さんの保名が亡くなった恋人想う姿が伝わる。
切ないなあ。

「鰯売」。かわいらしい愛くるしい勘三郎さんの猿源氏と、
この世のモノと思えないくらいの美しさが引き立つ玉三郎さんの
蛍火。取り違えてもおかしいこのカップルが思わぬことから
夫婦になってしまう奇跡に、何回も見ていながら、
このようなことないかな?って羨ましいと思ってしまう(爆)
玉三郎さんが幕前で襲名の紹介をされ、カーテンコールも
あって余韻残りました。

4月公演も目前!益々楽しみです(^^)v

追伸:
この日行われた競馬GIレース「高松宮記念」は馬番18の馬が1着!
勘三郎さんは18代目ですよね~(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック