2月8日 文楽 鑓の権三重帷子

画像

2月8日
国立小劇場
人形浄瑠璃文楽
平成二十一年
二月公演
第一部
11時開演

鑓の権三重帷子

権三 和生
おさゐ 文雀
ほか



津駒大夫、英大夫、松香大夫、呂勢大夫、咲甫大夫ほか

寛治、団七、清二郎、宗助ほか

今まで郷ひろみ主演で篠田監督の映画しか見たことがない
演目。
茶の湯師範の浅香市之進の妻おさゐと、弟子筋である
笹野権三はささいな悋気から不義の疑いをかけられしまう。
二人は逃亡するが妻敵として市之進に討たれる。

おさゐの悋気から起こる悲劇というか、
肉体関係もないのに不義にされてしまう不条理劇。
家のためと周りを顧みず行動するおさゐに、
伊達男といわれながらどこか不器用で真面目すぎな権三が
哀しくいとおしい。
現代でも通ずるホームドラマぽい。

綱大夫さん休演で、
留守宅から数寄屋の段連投の津駒大夫さんが張りのある
艶っほい語りで、おさゐの心情を映し出す。
それに答える滑らかに三味線を弾く寛治さんと清二郎さん。
前半は津駒ショーになる。

英大夫さんが語る岩木忠太兵衛屋敷の段が
おさゐがいなくなった家族の非常事態を切なさと怒りを
表す。
寛治さんに続く団七さんのこれまたなめらかな三味線。
開口の松香大夫さんもうまくつなげていく。
敵討は呂勢大夫さんのおさゐ、咲甫大夫さんの権三ほかで、
三味線は宗助さんらで高らかに。
敵討では盆踊り?から始まり、その中での敵討でどこか
非日常的に感じた。

文雀さん遣うおさゐは上品良く見せながら感情激しい女ぶりを
見せる。
和生さんの権三は静かな物腰で涼しい感じが伊達ぶりか。
文司さんの伴之丞と勘市さんの才介がおさゐに夜這いをしようと
忍び込む姿が人形が歩幅前進してるみたいで楽しい。
玉輝さんの岩木が渋味あり、玉英さんの乳母が瓢逸。
紋豊さんの市之進ほか。

歌舞伎でも見てみたい。
おさゐ:藤十郎/福助/笑三郎
権三:愛之助/橋之助/段治郎
市之進:仁左衛門/翫雀/門之助
岩木:我當/弥十郎/寿猿
伴之丞:進之介/亀蔵/右近
…あたりか、考えすぎ?


文楽初体験の友人をお連れする。
現代でも通ずる内容だが、何もしていないのに、
不義呼ばわりされ逃げていくのはどうか、言い訳できれば
良いのに~と言われていた。
もっと見てみたいと言われ楽しんでいただけたようです…ほっ。

終演後は赤坂まで散策を。
赤坂サカスでお茶をしました。
写真はマッキアーノ?です。


文楽は今回はこれだけ。
オヤジが三部の女殺油地獄を観劇、
イヤー面白かったあ~と興奮ぎみに
感想を語ってくれました。

5月文楽は…
昼 三番叟、伊勢音頭、日高川
夜 ひらがな盛衰記
行くなら夜かなあ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック