5月15日 平成二十二年五月 国立劇場文楽公演 第二部

5月15日
国立小劇場 16時開演 最後列

一、新版歌祭文

野崎村の段
文字久大夫・富助~綱大夫・清二郎~住大夫・錦糸、
龍爾
おみつ:蓑助、久作:玉女、お染:紋壽、久松:清十郎、
小助:勘十郎ほか

油屋の段
咲甫大夫・清志郎~咲大夫・燕三
久松:清十郎、小助:勘十郎、お染:紋壽、勘六:玉也、
乳母:和生、お勝:勘弥、佐四郎:玉佳、弥忠太:亀次ほか

蔵場の段
松香大夫、津国大夫、文字栄大夫、睦大夫、つばさ大夫・
宗助
久松:清十郎、小助:勘十郎、お染:紋壽、勘六:玉也、
お勝:勘弥、弥忠太:亀次ほか

二、団子売
南都大夫、咲甫大夫、清志郎ほか
杵造:幸助、お臼:一輔

前進座との掛け持ちでややお疲れモードでした。

歌祭文は野崎村から。
おみつの許嫁久松は奉公先のお染と恋仲になり、お染には
結婚が迫る、
おみつはそれを知り、尼になって身を引く(野崎村)。
油屋へ戻った久松に小助や佐四郎など計略にはまるが、
後家お勝や仕事仕の勘六、乳母の忠義に助けられる。(油屋)
お染の婚礼などすべて元武士である久松の帰参のためと
わかったが、お染の切ない愛にほされ久松とお染は心中する。
(蔵場)
歌舞伎では野崎村のイメージが強いが、文楽は壮絶に不条理な
雰囲気が漂う。

野崎村の住大夫さんの久作の語りが説得力あって聞かせる。
ちょっとウトウトしてしまい、もったいないか、贅沢な眠りだったか。
文字久大夫さんに綱大夫さんが住大夫さんにつなげていく。
蓑助さんのおみつがかわいらしく、お染へのやきもちのやきぶりが
楽しい。
玉女さんの久作が飄逸で、清十郎さんと紋壽さんの久松にお染が
しっとりしている。勘十郎さんの小助がふてぶてしい。
お夏清十郎の本を売る流しが出たり、おみつが大根刻んだり、
はたきをはたいたり、おみつの母を出して悲劇性を強めたりなど
深刻な展開だ。

40年ぶりという「油屋」と「蔵場」。
咲大夫さんが長時間じっくりと時には早口で調子よく語る。
歌舞伎では関西弁がしっかりできない役者がいないとできない
場面と思わせる。
長時間ながら、勘十郎さんの小気味いい小助と、力強い
玉也さんの勘六が引っ張る。
大家の侍の倅である久松のために骨を折る油屋の姿が伝わる。
おみつの話しなんてとんでいってしまう。
文楽を見ると、歌舞伎に移入されたものでも深みが改めてわかる。

団子売は所作。
歌舞伎舞踊でも見るものだが、人形でしか表現できない仕草が
あり楽しい。
一輔さんが扱うお臼がおたふくみたいでどこかめでたい。

9月の国立劇場文楽は…
昼は「良弁杉由来」「鰯売恋曳網」
夜は「勢州阿漕浦」「桂川連理柵」
三島の「鰯売」が文楽でどうなるだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック