26年2月15~16日 徳島へ 3 システィーナ歌舞伎「満月阿波噺 フィガロ」

画像




















26年2月16日
大塚国際美術館
システィーナ歌舞伎
11時開演 ほ列
満月阿波噺 フィガロ
水口一夫作、演出
片岡愛之助、中村壱太郎、
上村吉弥、瀬戸内美八、
上杉祥三ほか。

初めてシスティーナ歌舞伎へ。
フィガロの結婚歌舞伎版、喜劇。

愛之助、壱太郎、吉弥は
オペラからか何と!歌を披露し
オペラかミュージカル風に、
家臣が殿様の横恋慕をはねのける
からか、恋のカーニバルが
サンバが鳴り響き踊るフィナーレも。

舞台の天井画になぞるかのように
大花道を中心に上手下手中央で
舞台が展開され、宝塚和物、長谷川
一夫の東宝歌舞伎、マツケンサンバ
ほか、ない交ぜぽい。

カテコで愛之助さんがコラボする
趣向と説明され、瀬戸内さん、
上杉さん、元タカラジェンヌ、
OSKなど方々に、囃子連中、
パーカションも連なる。
瀬戸内さんの老女の怪演ぶりは
インパクトありました。

実際歌舞伎役者でやれば、
瀬戸内さんの老女は秀太郎さん、
領主は翫雀さんなどあてはまる。

賛否も出そうだが再演望む。



画像



画像



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック