26年7月13日 大阪松竹座 七月大歌舞伎 夜の部

画像



















大阪松竹座
16時開演 三階席
一、伊賀越道中双六 沼津
二、身替座禅
三、豊志賀の死
四、女伊達…途中退席

大阪松竹座夜へ。

再会した親子が実は義理ある
主同士が仇同士だったという皮肉…
柔らかみと仇同士の強さを出す
藤十郎さんの十兵衛に
好好爺な翫雀さんの平作と
一途な扇雀さんのお米の沼津に
見応えある。

療養復帰の仁左衛門さんの
愛嬌と色気の右京にまさに
お多福な翫雀さんの玉の井の
浮気を描く身替座禅。
橋之助さんの太郎、梅枝さん
と児太郎さんの侍女。

年増の女性と若い弟子が
ねんごろになってしまった
ことから起こる怪談。
介護に悩む現代にどこか
通じる菊之助さんと時蔵さん
の豊志賀の死。
梅枝さんのおみつに、
仕方噺をする萬太郎さんの
さん蝶が健闘、
竹三郎さんの勘蔵で。

盛り沢山な夏の松竹座の歌舞伎。
大喜利の孝太郎さんの女伊達は
新幹線都合で引き揚げる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック